<韓国地方選挙>与党、史上最大の圧勝…保守惨敗

<韓国地方選挙>与党、史上最大の圧勝…保守惨敗

2018年06月14日07時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表と党役員が13日、汝矣島(ヨイド)議員会館に用意された状況室で出口調査の結果を見て歓呼している。
  韓国政治で、保守が完全に没落して進歩の圧倒的優位が始まった。13日に実施された第7回地方選挙で、与党「共に民主党」(以下、民主党)が初となる大勝を収めた。14日午前0時45分現在、民主党は17カ所の広域団体長選挙のうち13カ所での当選を事実上確定し、慶尚南道(キョンサンナムド)では金慶洙(キム・ギョンス)候補の当選が有力だ。また、12人の国会議員を選ぶ再・補欠選挙でも、民主党は11カ所で1位となった。

  これに伴い、民主党は国会(2016年総選挙)、大統領(2017年大統領選挙)に続き地方権力も完全に掌握することになった。広域団体長民主党候補の得票率は平均58.0%で、昨年大統領選挙時の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の得票率(41.1%)を大きく上回り、現政権発足後、与野党の支持率格差がさらに拡大したことが分かった。

  地方選挙の実施が始まって以降、最悪の成績表を受けることになった自由韓国党(以下、韓国党)の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表は今後の決断を迫られることになった。洪代表はこの日、「出口調査が事実なら、我々は惨敗したことになり、すべての責任は私にある」とし「開票が完了すれば明日午後にでも去就を明らかにする」と述べた。正しい未来党の安哲秀(アン・チョルス)ソウル市長候補も18.2%の得票で、金文洙(キム・ムンス)韓国党候補(21.8%)に押されて3位を占めた。洪代表と同様に、安氏の政治的位置づけにも大きな打撃が予想される。反面、朴元淳(パク・ウォンスン)民主党ソウル市長候補は55.8%の得票率で、初の3選ソウル市長となった。民主党はソウル25カ所の区庁長選挙でも、午後11時30分現在、すべてトップを占めている。

  選挙終盤に「女優スキャンダル」問題が浮上していた李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事候補は55.0%の得票率で韓国党の南景弼(ナム・ギョンピル)候補(36.9%)と大きく差をつけた。17人を選ぶ教育長選挙でも進歩陣営の候補13人が優勢を見せた。ソウル大学のカン・ウォンテク教授は「前回の大統領選挙で分裂して敗北した保守政党は地方選挙でも変化したところを見せることができなかった。今後、相当な内部的な苦しみを味わうことになるものとみられる」と分析した。

  政治評論家のユ・チャンソン氏は「文在寅大統領効果が与党勝利の決定的原因として、朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾以降、換骨奪胎できない野党は自滅した」と説明した。

  ◆投票率60.2%、23年ぶりに最高=今回の選挙は民主党にとっては歴代最大の勝利だ。最も大きな差がついていた2006年第4回地方選挙では、当時与党だった「開かれたウリ党」が1:14(野):1(無所属)で野党(ハンナラ党12、民主党2)に完敗した。投票率は60.2%で、1995年に行われた初の地方選挙(68.4%)以降、地方選挙では初めて60%を超えて歴代2番目となった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事