<米朝首脳会談>習近平の専用機乗って世界に出てきた金正恩氏

<米朝首脳会談>習近平の専用機乗って世界に出てきた金正恩氏

2018年06月11日07時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  隠遁の指導者、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がついに西側外交舞台に登場した。金委員長は米朝首脳会談(12日)のために10日午後2時36分(現地時間)、シンガポールのチャンギ空港に到着した。米国のドナルド・トランプ大統領よりも6時間ほど早い時点だった。シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相の出迎えを受けた金委員長は四角い縁のメガネに群青色の人民服姿だった。北朝鮮で人民服は最も格式を備えた席で着る正服だ。

  金委員長の今回のシンガポール行きは彼の祖父も父も踏まなかった道だ。金正日(キム・ジョンイル)総書記は執権以降、列車のみを利用して中国とロシアを訪問した。金日成(キム・イルソン)主席は1965年インドネシア訪問、86年ソ連訪問などを除き、すべて列車を使った。

  金委員長はシンガポール到着後の初めての日程として、この日夕方、リー・シェンロン首相に会って首脳会談を行った。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席を除く外国首脳との初めての会談だった。会談はリー首相がフェイスブックを通じて生中継した。金委員長の一挙手一投足を全世界のフェイスブックユーザーが確認することができた。隠遁の指導者から積極的な首脳外交を行う指導者に変身した瞬間だった。

  金委員長は「世界が見守る歴史的な会談のためにシンガポール政府が自国のことのように誠心誠意を尽くして便宜を図ってくれた」と謝意を表すとともに「朝米対面が成果的に行われれば、シンガポール政府の努力が歴史に永遠に記録されるだろう」と述べた。

  リー首相は「我々は永らく韓半島(朝鮮半島)情勢の発展に注目してきた。韓半島に平和が訪れ、朝鮮人民の才能が発揮される日が来ることを希望する」と述べた。

  金委員長のシンガポール行きは張り詰めた緊張の連続だった。緻密な儀典と万一の事態に備えた警備はもちろん、移動手段の航空便の保安維持まで、すべてのことが緻密に構成された脚本の中で進められた。

  全3機の飛行機が動員された移動手段からしてそうだった。北朝鮮貨物機「イリューシン(IL)76」は金委員長の到着に先立ち、専用車両であるベンツSクラシック600防弾車量とマイバッハなどを前もって空輸した。金委員長は自身の専用機ではなく習主席の専用機の一つである中国国際航空(エアチャイナ、CA)旅客機を使って訪問した。「最高尊厳」の体面よりも安全を優先的に考慮した「煙幕作戦」だった。

  専用機「チャムメ1号(IL-62M)」は金委員長の乗ったCA旅客機よりも1時間ほど後に到着した。CA旅客機から降り立った金委員長は滑走路からすぐに専用車両に乗り込み、すぐに滞在先の「セントレジス・シンガポール」へ向かった。3月と4月に中国と板門店(パンムンジョム)を訪問した時に乗っていたナンバープレートのないベンツ車両だった。車両前面には北朝鮮国旗が掲げられていた。

  警察はホテル前の約100メートルから遮断装置を設置して一般人の出入りを徹底的に統制した。これを携帯電話で撮影した観光客にまで保安要員が接近して削除を要求して一つ一つ確認した。ホテル入口には幕を張って検査台を設置し、秘密の表示を付けていない者の出入りを制止した。北朝鮮当局者や警護員も慌ただしく動いた。一部の警護員はシャツの2番目のボタンを離してバッジを逆さまに付けて秘密の表示代わりにした。

  金委員長の儀典の責任を負っている金昌善(キム・チャンソン)国務委員会部長は前日からこのホテルに泊まって現場の状況を総指揮した。

  金委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委副部長も金委員長に随行してシンガポールに到着したことが確認された。

  ホテルに到着した随行員のうち、李洙ヨン(リ・スヨン)労働党副委員長、金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長、李容浩(リ・ヨンホ)外相などの姿が目撃された。玄松月(ヒョン・ソンウォル)三池淵(サムジヨン)管弦楽団団長がサングラスをかけた姿で入る場面もメディアのカメラに捉えられた。

  金委員長の11日の日程は公開されなかった。現地消息筋は「11日には金委員長が参謀と共に滞在先のホテルで米朝首脳会談のための準備をするものとみられる」と伝えた。

  外信は「今回のように両首脳が会談2日前に到着するのは異例」としながら「これは非核化をめぐる両国間の議題調整などにおいて、合意できていない部分が依然としてあるということを意味する。首脳会談直前まで詰めたあと、結局トランプ大統領と金委員長の2人の指導者が談判をする可能性がある」と分析した。

  ロイター通信は匿名を求めた消息筋を引用して「金委員長が12日午前の会談を終えてこの日午後2時にシンガポールを出発する予定」と報じた。この場合、首脳会談開始後わずか5時間後に帰国の途につくわけだ。だが、その理由についてははっきりと説明しなかった。

  トランプ大統領は午後8時22分にパヤ・レバー空軍基地に到着した。トランプ大統領は専用機エアフォースワンのタラップを降りて手を二度振ったが、表情はいつもとは違って硬かった。50メートルほど離れていた取材陣が「会談は成功しそうか」と大声で質問したが、トランプ大統領は「良い。

  非常に良い(very good)」と短く答えただけで、追加の質問には答えなかった。

  トランプ大統領は出迎えたシンガポール政府要人と握手をして何度か手を振った後、専用車両に乗り込んだ。トランプ大統領の表情は依然として明るくなかった。12日の首脳会談を控えて悲壮な覚悟を見せたものか、まだ思うような合意を引き出すことができないことに対するいらだちなのかは明確ではないが、多少緊張していることには間違いないというのが現場にいるホワイトハウス出入り記者の分析だ。

  車両に乗ったトランプ大統領はものものしい警備の中、滞在先のシャングリラホテルに直行した。金委員長が宿泊しているホテルとは約570メートル離れている。トランプ大統領は11日にリー・シェンロン首相に会って首脳会談を行う予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事