米大使館突っ込んだ韓国公務員「霊に憑かれていた」

米大使館突っ込んだ韓国公務員「霊に憑かれていた」

2018年06月08日14時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
7日午後7時15分ごろ、ソウル世宗路の米国大使館正門にYが乗った車両が突っ込んでいる様子(左の赤丸)。
  米国亡命を求めて駐韓米国大使館に乗用車で突っ込んだ女性家族部の職員が妄想性障害を患い、最近その症状が悪化していたことが明らかになった。

  ソウル鍾路(チョンノ)警察署は7日午後7時22分ごろ、ソウル鍾路区の米国大使館正門に突っ込むという事故を起こした女性家族部書記官のY(47)が自身の容疑を認めて妄想性障害で精神科の治療を過去に2回受けていたと話したと8日、明らかにした。

  警察によると、Yは「当時、まともな精神状態ではなく、霊に憑かれていた」とし「米国大使館正門に突っ込み、亡命の申請ができるなら米国に行くことができるという妄想に取り憑かれていた」と述べた。

  Yは過去に2回、妄想性障害で精神科治療を受けたことがあり、昨年8月に女性家族部が米国に派遣する研修対象者に選ばれた後、英語の勉強を再開した直後から症状が悪化したと警察に説明した。

  Yはまた「今月2日、TOEFL試験を受けている途中で頭痛がしてあきらめて会場を出た後、3日連続でほぼ寝ることができなかった」と話したと警察は伝えた。

  Yが運転していたのは、事故当時に助手席に乗っていた女性家族部傘下機関幹部ノさんが所有する乗用車だった。ノさんは女性家族部に法律諮問を行うため、業務協議のためYと仕事上の付き合いがあったという。

  当初ノさんが運転していたが、米国大使館とKTビルディングの間のビザ申請所の近くで2人は運転を交代した。ノさんは「Yが運転をすると強く主張したので、深く考えずに運転を代わった」と警察に述べた。

  ハンドルを握ったYは米国大使館に向かって車を運転して正門に突っ込んだ後、大使館の警備員に「ヘルプミー」「米国に行きたい」「北朝鮮に絡む事情がある」など、根拠のないことを話した。警察関係者は「北朝鮮との事情や亡命申請などは論理的関連性がない話だと思われる」と説明した。

  警察はYを特殊財物損壊容疑で立件し、犯行の経緯について調査している。この日中に身辺処理についての方向を決める計画だ。

  あわせて、家族や職場の同僚などを対象にYの最近の健康状態などについて聞き込み調査をして、健康保険管理公団などに診療内訳を問い合わせて陳述内容の真偽を確認することにしている。

  また、警察はYの携帯電話を分析して事前謀議の可能性も視野に入れるなど、テロ容疑がなかったかどうかについても捜査する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事