李明博元大統領「食事しなくても腹すかない」…拘置所生活の困難訴える

李明博元大統領「食事しなくても腹すかない」…拘置所生活の困難訴える

2018年06月04日14時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
収賄、横領などの容疑で逮捕、起訴された李明博元大統領
  李明博(イ・ミョンバク)元大統領が4日、裁判に出席し、拘置所生活の困難を訴えた。

  李元大統領は4日、ソウル中央地裁で開かれた裁判に出席し、自分の健康状態と拘置所生活について述べた。

  李前大統領は「私は自分の健康を今まで隠して暮らしてきたが、拘置所に入ると隠せなくなった」とし「病院に行って治療を受けてくればよいと言われたが、私はできるだけ我慢してみると答えた」と話した。続いて「(拘置所に)来てから、人間は1、2カ月間は眠らなくても死なないことに気づいた。食事をしなくても腹がすかないことを今回知った」と吐露した。

  李明博前大統領は110億ウォン(約11億円)台の収賄、自動車部品会社DASの資金350億ウォン横領などの容疑で3月22日に逮捕、起訴され、ソウル東部拘置所に収監されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事