シンガポール米朝会談 韓国大統領の合流推進

シンガポール米朝会談 韓国大統領の合流推進

2018年06月04日06時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米朝首脳会談が開かれるシンガポールに合流し、米国のドナルド・トランプ大統領、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と共に韓半島(朝鮮半島)終戦宣言を行う方向で積極的に調整が進んでいるとワシントンとシンガポールの高位消息筋が2日(現地時間)、伝えた。この消息筋は「文大統領が米朝首脳会談当日の12日あるいは13日に米朝首脳と韓半島終戦宣言を行う方向で準備作業が進んでいる」としながら「突発変数がない限り、3国による『シンガポール終戦宣言』が行われるだろう」と伝えた。また「シンガポールでは文大統領の訪問に向けた準備に入った」と付け加えた。

  別の消息筋は「米朝首脳会談でも非核化と体制保証に対する基本的な合意は行われるとみられるが、今回の米朝首脳会談で最も注目されるビッグイベントは、おそらく米国・韓国・北朝鮮による終戦宣言になるものとみられる」と伝えた。これに先立ち、トランプ大統領は1日、「米朝首脳会談に先立ち、終戦の話し合いがあるだろう」としながら、シンガポールで終戦宣言が出てくる可能性があることを示唆した。

  トランプ大統領が「マイク・ポンペオ国務長官-金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長」「ソン・キム駐フィリピン大使-崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官」のツートラック会談で、米国が当初望んでいたCVID(完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄)に関連した具体的ロードマップに合意することが難しいという現実的判断を下すことになったことが、むしろ終戦宣言イベントを推進するに至った背景になったとみられる。これに関連して、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の高位関係者は「まだシンガポール終戦宣言に文大統領が参加するかどうかは決まっていない」とし「米国と北朝鮮の意志をもう少し確認しなければならない」と線を引いた。専門家は米朝首脳会談を強く望んでいるトランプ大統領が1回目の会談でこれといった成果がない場合に備え、終戦宣言と数回の首脳会談を推進するだろうと解釈している。

  元米国務省北朝鮮政策特別代表のジョセフ・ユン氏は2日、ワシントン・ポスト(WP)とのインタビューで「1回の首脳会談で終わらない可能性が非常に高い」とし「ポンペオ国務長官も(会談の)手続きと進展に言及している点に注目しなければならない」と指摘した。

  

  トランプ大統領の非核化に対する言及も大きく変化している。トランプ大統領は金英哲氏と面会した後、記者団と会い、「我々は交渉をするつもりで、本当にその過程を始めるだろう」と述べながら「過程(process)」という単語を9回も使った。これは、トランプ大統領が非核化を過程を経てこそ達成できる目標として認識しているということだ。だが、それでもこれを北朝鮮が主張してきた段階的・同時的措置と同じようにみることは難しいという解釈だ。北朝鮮は「段階的措置」ではなく、それに伴う「段階的補償」を強調しているためだ。トランプ大統領の過程は「段階的非核化措置の履行後の一括補償」に近い。梨花(イファ)女子大学国際学部のパク・インフィ教授は「非核化合意そのものは短期間内で一括妥結方式で進むが、履行は何段階を経るほかはない現実を考慮したとみられる」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事