トランプ大統領「6月12日に会談ありうる」…ボールは金正恩委員長に

トランプ大統領「6月12日に会談ありうる」…ボールは金正恩委員長に

2018年05月26日09時42分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トランプ米大統領は「私は取引を通じて人生の面白さを感じる。取引は私にとって一つの芸術だ」と述べた。1987年に回顧録の形で出した『取引の技術(The Art of the Deal)』という著書だった。トランプ大統領はこの本で「仕事を成功させる最後のカギは若干の虚勢」とも語った。

  シンガポールでの6・12米朝首脳会談はトランプ大統領のサプライズ宣言で開催されなくなった。では、トランプ-金正恩会談は取り消しになったのか、延期になったのか。

  トランプ大統領の強硬姿勢に北朝鮮はひとまず引き下がった。金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官は25日の談話で「我々はいつでも、どんな形でも向かい合って問題を解決していく用意がある」と明らかにした。トランプ大統領がシンガポール米朝首脳会談の中止を電撃宣言してから9時間も経っていない時点でだ。

  金次官は自分の談話が金正恩国務委員長の委任であることを明確にした。そして「突然一方的に会談中止を発表したのは我々としては予想外のことであり、極めて遺憾」と強調した。特に完全な非核化(CVID)と体制保証および経済支援を交換をしようという「トランプモデル」について「賢明な案になることをそれとなく期待した」という表現まで使った。数十年間にわたり北朝鮮を相手にしてきた元・現韓国政府関係者らが「北にふさわしくない表現」と評価したほどだ。

  トランプ米大統領は25日、ツイッターで金次官の談話について「温かく生産的な談話を受けたのは非常に良いニュース」とコメントし、記者らに対しては「6月12日に会談が開催されることもありうる」と述べた。しかしこの程度でまたすぐに会談開催が決まるとは考えにくい。

  まず、金次官がこの日、金正恩委員長の委任を受けて談話を発表したのは、トランプ大統領が要求した直接疎通でない。トランプ大統領は前日に送った書簡で「最終的に私にとって重要なことは、あなたと私の間の対話だけだ」(ultimately, it is only that dialogue that matters)と強調した。トランプ大統領は会談中止を発表した後、ホワイトハウスで開かれた法案署名式でも「機会をつかむのは北朝鮮の指導者にかかっている」と強調した。

  ニューヨークタイムズ(NYT)は25日付で「ボールは金正恩委員長のコートにある」と伝えた。北朝鮮問題に詳しい専門家らも会談を開催するためには金委員長本人が動かなければいけないと述べた。トランプ大統領は「電話」または「書簡」に言及した。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は25日午後、国家安全保障会議(NSC)常任委会議後の記者会見で、「米朝首脳が直接疎通する必要を確認し、このために努力を続けていくことにした」と強調したのも、こうしたトランプ大統領の意志を考慮したとみられる。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官も聯合ニュースのインタビューで、「談話のような疎通方式のほか、首脳の意向が反映された面対面協議が必要だ」と説明した。

  千英宇(チョン・ヨンウ)韓半島未来フォーラム理事長(元青瓦台外交安保首席秘書官)は中央SUNDAYとの電話で「悪い取引(bad deal)より会談自体をしないというのがトランプ大統領の確固たる立場であるだけに、金委員長がトランプ大統領の要求を正確に理解して受け入れなければ会談の開催は難しいだろう」と指摘した。

  ただ、金次官の発言をみると、すぐに米朝間の対決構図に戻る可能性は低いというのが外交安保専門家らの見方だ。金塾(キム・スク)元6カ国協議首席代表は「今回の金次官の談話を見ると、トランプ大統領特有の交渉スタイルを予想できない北が驚いて後退する姿になった」とし「挑発よりは米朝間の非核化概念をめぐる隔たりを狭めるための水面下調整に双方が出てくる可能性がある」と予想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事