韓国元統一部長官「文大統領、韓米会談で利益を取ろうとして負担大きくなった」

韓国元統一部長官「文大統領、韓米会談で利益を取ろうとして負担大きくなった」

2018年05月23日10時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓米首脳会談のため訪米中の文在寅大統領が22日午前(現地時間)、ホワイトハウスのオーバルオフィスで米国のトランプ大統領と首脳会談に臨み、懸案について話し合った。(写真=青瓦台写真記者団)
  韓国の丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一部長官が、22日に開かれた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ大統領の韓米首脳会談の結果に関連し、韓国政府の負担が大きくなったと分析した。

  丁氏は23日午前、tbsラジオ『キム・オジュンのニュース工場』で、今回の韓米首脳会談に関連し、「韓国側が多くの負担を抱え込むことになった」とし「トランプ大統領は習近平に会ってから北朝鮮の態度が変わったと繰り返し言うが、北朝鮮の態度が変わったため『韓国が北朝鮮の態度をもう一度変化させろ』というトランプ大統領の注文だととらえることができる」と総評した。

  丁氏は「北朝鮮の態度が変わったと米国が不満を表しているが、それは実はボルトンの発言に金正恩(キム・ジョンウン)が驚いて習近平を追いかけていった」としながら「原因を作っておきながら北朝鮮に態度の変化があったと不平だけもらしながら、この結果を以て韓国を圧迫している」と指摘した。

  続いて「(トランプ大統領が)会談をしない可能性もあるとしつつ、会談したければ条件が合わなければなければならないと言った。(文大統領に)その条件を作れということ」とし「(文大統領が)韓米首脳会談にこぶを取りに(利益を取りに)行こうとして負担が少し増えたようだ」と述べた。

  あわせて「(トランプ大統領は)文大統領が金委員長をなだめたり説得したりできるカードを与えるべきだった。リビア式ではないならトランプ式とは何なのかを知らせるべきだった」とし「軍事的に攻撃しないという約束をするとか経済支援問題に関連して米国がどの程度の役割を果たす、などだ」と強調した。

  丁氏は北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄式に関連し、南側取材陣の名簿を拒否したことについても「北朝鮮側も文大統領が仕事がちゃんとできるようにすることが必要だ」とし「韓国国民の世論が逆流するように北朝鮮が仕向けてはいけない。北朝鮮がいくつか不満あると言ってこのようにあからさまに韓国政府を侮辱して困難に陥れてもいいものか。今、韓国で世論調査すれば北朝鮮に対する認識が悪くなっているはずだ」と述べた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事