北朝鮮「黙殺無返答」だが…核実験場廃棄行事のため、韓国取材陣ひとまず北京へ

北朝鮮「黙殺無返答」だが…核実験場廃棄行事のため、韓国取材陣ひとまず北京へ

2018年05月21日10時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月23~25日に予告された豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄式の取材のための南側訪朝記者団が21日、中国北京に向けて出国する。ただし、北朝鮮が南側記者団の訪朝に対し、一切回答を出さないでいるため、ひとまず北京で待機するという計画だ。

  北朝鮮は今月12日、外務省公報を通じて核実験場を坑道爆破方式で廃棄し、これを韓国、米国、英国、中国、ロシアなど5カ国の記者団に公開すると予告した。その後、祖国平和統一委員会名義の通知文で、韓国は通信社1社と放送局1局の記者をそれぞれ4人ずつ式に招待した。

  これに対し、通信社からはニュース1が、放送会社からはMBCが共同取材団に選ばれて訪朝を準備してきた。

  しかし、北朝鮮は18日、韓国政府が板門店(パンムンジョム)連絡チャネルを通じて送った南側記者団名簿入りの通知文の受付を拒否した。記者団の出国前日でさえ、北朝鮮は名簿を受けないまま取材手続きや安全問題などに対する韓国政府のすべての問い合わせに一切答えを返していない。

  ただし、衛星写真などを分析した結果、北朝鮮は行事の準備作業を進めていることが観測され、廃棄式が予定通り行われるだろうという見方が優勢だ。これに対し、南側記者団はひとまず北京に移動して現場で北朝鮮の返事を待つ予定だ。北朝鮮はこれに先立ち、米国ABCやAPなどに22日午前11時までに北京にある駐中北朝鮮大使館に集まるよう指示する内容を公示したことが分かった。

  廃棄式が予定通り行われる場合、韓国を含む5カ国の記者団は22日に北京の北朝鮮大使館で北朝鮮ビザの発給を受けた後、高麗航空専用機便で北京から元山(ウォンサン)葛麻(カルマ)飛行場まで移動することになる。

  その後は北側が用意した特別専用列車で豊渓里まで移動し、取材後は再び元山プレスセンターに戻って記事や写真などを送稿するという旅程だ。北朝鮮の汽車平均速度が45キロ程であることを考慮すると、約460キロの距離がある元山-豊渓里区間は汽車で約10時間程度かかることが予想される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事