3月の訪中に含まれなかった金与正氏が同行…北の対米ラインが総出動

3月の訪中に含まれなかった金与正氏が同行…北の対米ラインが総出動

2018年05月09日09時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の2回目の中朝首脳会談は、随行者と議題の面で米朝首脳会談の予告編という評価が出ている。中国大連で開催された首脳会談のために北朝鮮の労働党と国務委員会の外交・対南責任者が総出動した。中朝首脳会談で議論された韓半島(朝鮮半島)平和体制構築と北朝鮮非核化問題も米朝首脳会談との積集合領域だ。

  北朝鮮朝鮮中央通信によると、今回の金委員長の訪中には李洙ヨン(イ・スヨン)・金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長、李容浩(イ・ヨンホ)外相、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が随行した。労働党の国際部担当者も随行員に含まれたが、北朝鮮は公開しなかったとみられる。

  金与正副部長と崔善姫次官は金正恩委員長が3月に北京を訪問した当時、随行員の名簿に含まれていなかった。崔善姫次官は代表的な米国専門家だ。北朝鮮の非核化のための6カ国協議で通訳および代表として活動しただけに米国務省にも顔が知られている。金正恩委員長のスイス留学当時に大使を務めた李洙ヨン副委員長は労働党で北朝鮮の外交戦略と政策を総括する人物だ。最高人民会議外交委員長も兼ねていて、金委員長は父親のように考えているという。北朝鮮の代表的な外交ラインだ。

  李容浩外相は李洙ヨン副委員長の指揮を受けて執行する現場指揮官だ。1990年代半ばの米朝会談と軽水炉供給交渉の北側代表を務め、2000年には米朝高官級会談に出席するなど、代表的な米国専門家に挙げられる。今回の訪中に中国担当やアジア担当ではなく米国担当が登場したことをめぐり、中朝首脳会談では米朝首脳会談に備えた意見調整が行われたという解釈が出ている。

  韓半島の緊張緩和や軍縮などを担当する金英哲統一戦線部長(副委員長兼職)が同行したのも同じ脈絡だ。このため金正恩委員長の訪中の公式随行員が米朝首脳会談に出席する可能性が高いという見方が出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事