【社説】期待より懸念先立つ金正恩-習近平の第2回会談

【社説】期待より懸念先立つ金正恩-習近平の第2回会談

2018年05月09日08時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、一昨日と昨日、電撃的に中国遼寧省大連を訪問して中国の習近平国家主席と会談を行ったという便りは期待よりもまず心配を抱かせる。金委員長が3月末に訪中して43日ぶりに再び訪中したことは、習主席と至急話し合わなければならない差し迫った急ぎの事情ができたとみられるためだ。習主席は「中国は北朝鮮の非核化堅持と米朝対話を通した韓半島(朝鮮半島)問題の解決を支持する」という立場を明らかにした。これに、金委員長は「関連当事者が北朝鮮に対する敵対視政策と安全に対する威嚇を解消すれば北朝鮮は非核化を実現することができる」と答えた。非核化に向けて、北朝鮮の安保懸念をまず除去してほしいという要求だ。

  韓国が3月と違って金正恩-習近平第2回会談に懸念の視線を送るのは、最近、米朝の心理戦が強まりながら、なんとかここまで漕ぎ着けた非核化への雰囲気があらぬ方向に向かわないか心配されるためだ。今日明日にも予想されていた米朝首脳会談の日時や場所の発表が先送りされている。異常気流が形成されつつあるという雰囲気を拭いきれない。米国は、現在、北朝鮮の非核化程度を「完全」を越えて「永久的な」水準に上方修正した。廃棄対象も生化学武器や核兵器の製造に参加した人材などに拡大して北朝鮮を圧迫している。

  これに対し、北朝鮮外務省は「我々の平和への意志を『懦弱性』(頼りない、弱いもの)と誤認するな」として、公開的に反発している。中国メディアは「米朝会談が失敗に終わって原点に戻るなら、国際社会は大きな失望に陥るだろう」としながら「会談の白紙化」まで口にしている状況だ。今回の金委員長の第2回訪中は、北朝鮮が米国との会談を控えて中国という「バック」を前面に出して、交渉を有利に進めようとするためのものかもしれない。

  しかし、それよりは、米朝会談の中止や決裂など最悪の状況を想定して、以前聞いておいた「中国の保険」が安全かどうかを確認するための目的かもしれない。特に、米国に対抗して中国産初の航空母艦の試験運航が実施される大連で、金正恩-習近平第2回会談が行われたというのは嫌な感じがする。米中の間も、最近、貿易紛争で悪化の一途だ。専門家は、北朝鮮がこの隙に食い込んで中朝蜜月をアピールするのは、非核化状況が変わっても信じる場所があるということを国内外に見せつけようとする狙いがあると分析している。

  中国としても、助けを乞う金委員長に手を差し出すのは嫌なばかりでもない。北東アジアにおける中国の影響力を示せる絶好の機会で、今後、終戦宣言と韓半島の平和体制構築過程で中国の位置づけを強化することができるためだ。韓半島の非核化ゲームは薄氷の上を歩くようなものだ。どちらか一方の歩に狂いが生じて氷水の中に落ちてしまえば、これまで傾けてきたすべての努力が水泡と消える。韓国政府は、今回が最後と言われる非核化の機会を生かすために限りなく努めてきた。トランプ大統領から「北朝鮮がこれほど遠くに来たことがない」という評価を受けるほどだった。今まで卓越した仲裁能力を見せた文在寅(ムン・ジェイン)政府がもう一度優れた運転実力を発揮することを期待する。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事