【社説】「非核化」米朝首脳会談場所に板門店が最適だ

【社説】「非核化」米朝首脳会談場所に板門店が最適だ

2018年05月02日09時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トランプ米大統領が金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長間の米朝首脳会談場所として板門店(パンムンジョム)を考慮しているということはうれしいニュースだ。北朝鮮の完全な非核化と関連して南北首脳会談に続きもうひとつの朗報を伝える歴史的会談になるだろうという期待を呼び起こすためだ。米国は当初北朝鮮との会談場所として第3の場所を望んだ。スイス、スウェーデン、シンガポール、モンゴル、グアムの5カ所を検討し、最近ではシンガポールとモンゴルのウランバートルの2カ所に圧縮したという。済州島(チェジュド)など韓国地域は韓国政府の介入の可能性があるという理由で早くから考慮対象から除外したという。

  しかし最近気流が変わった。トランプ大統領が先月30日午前、ツイッターに「会談場所として南北境界の平和の家・自由の家が第三国よりさらに代表性があり重要で、持続可能な場所ではないか」というツイートをしたのが始まりだった。トランプ大統領は午後には非武装地帯での会談開催が「全面的に可能で非常に興味深い考え。物事がうまく解決されれば第三国ではなくそこでするのが大きな記念行事になるだろう」とした。板門店をしっかりと取り上げ会談の有力開催場所として指摘したものだ。

  トランプ大統領が考えを変えた背景には、南北首脳会談の「効果」が大きく作用したとみられる。分断の象徴の板門店で南北首脳が手を取り合う場面がトランプ大統領に深い印象を与えたという話だ。板門店はもともと「ノルムンリ」と呼ばれた。休戦会談が進められ中国共産軍代表が簡単に見つけられるようにするため近くの飲み屋に「板門店」の看板を掲げたのが現在の名前として定着した。熱戦の表象であり冷戦の象徴だ。トランプ・金正恩の板門店会談は地球上最後に残っている分断の象徴で長期にわたる冷戦構造を解体する世紀的会談になるだろう。こうした歴史的象徴性のほかに警護とアクセス性などすべての面で第三国の場所を圧倒する。

  何より内容的に北朝鮮非核化に集中する会談場所としても板門店が最適だ。南北首脳会談や米朝首脳会談は事実別々に離れた2つの会談ではない。「完全な非核化」を達成するための2つはなくひとつの会談だ。したがって4・27板門店宣言で切り出した非核化問題が今回の米朝首脳会談を通じ具体的に議論され実を結ばなければならない。米国の目標は「完全かつ検証可能で後戻り不可能な非核化(CVID)」だ。われわれもまた変わらない。こうした成果を導出するために韓米はひとつになって動かなければならないだろう。

  金正恩委員長としては非核化に対する北朝鮮の真正性を立証する最後の機会にしなければならない。数日前に米上院議員を対象にしたアンケート調査で80%が「北朝鮮の核放棄の可能性に対し懐疑的」という答を出したという。それだけ北朝鮮の非核化の意志に対し疑いが多いのが現実だ。金委員長はこれから「核」ではなく「人民」を抱きしめて生きるという明確なメッセージを投げかけなければならない。軍事境界線を越えてきた金委員長の「勇断」が非核化問題でも明確に行われることを期待する。

  
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事