【グローバルアイ】安倍を救う金正恩、そしてドゥルキング

【グローバルアイ】安倍を救う金正恩、そしてドゥルキング

2018年05月01日07時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  峠を越えたのだろうか。安倍晋三日本首相が最悪の泥沼から少しずつ這い出しているような感じだ。日本経済新聞が4月27~29日に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率は43%だった。

  1カ月前の42%とほぼ差はなく、「支持しない」とする回答(51%)が依然として高いが、それでも真っ逆さまに落ちる局面からは脱した。

  ここ数カ月間、安倍首相は満身創痍の状態に陥った。学校法人「森友学園」の国有地安値売却問題で夫人の昭恵氏が介入した疑惑、自身の親友が理事長を務める加計学園の獣医学部新設をめぐる特恵疑惑、森友関連の財務省による文書改ざん、財務省事務次官の女性記者セクハラ波紋、陸上自衛隊平和維持軍の日報隠ぺいに続き、最近では文部科学相が元アダルトビデオ(AV)女優が運営する「セクシー個室ヨガ」に出入りしたという疑惑まで取り沙汰された。ひとつひとつ数え上げるときりがないほどの悪材料の連続だった。

  4月初め、ある休日に安倍首相がたった3%ポイント反騰した世論調査の結果に興奮し、麻生太郎副総理に電話で「調査結果を見たか」と自慢までしたのはよっぽどのことだ。

  このように廉恥も体面もなくなるほどどん底に落とされた彼には信じるものがあった。まず安倍首相に代わる代替人材の不在だ。自民党内の「ポスト安倍」と言われる候補には、膝を打つほどの代案が見られない。「党内基盤が弱い」「若くて経験不足」などでそれぞれあと少し及ばない者しかいない。

  野党はさらに目も当てられない。世論調査支持率10%を越える党が見られないほど焦土と化している。

  安倍首相としては基本的に自分との戦いにだけ集中すればよいゲームだ。安倍首相にとって、最大の援軍であり助力者になるのは金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長である可能性が高い。東北アジアの運命を手にしている金正恩が「いつでも日本と対話する用意がある」と明らかにして安倍首相の役割空間が大きくなった。「拉致問題解決者は安倍」「外交安保も安倍、憎くてももう一度」という雰囲気が広がれば、あれほどあふれたスキャンダルもニュースの中心から追いやられるほかない。「4月になれば局面が変わる」と話していた安倍首相の漠然とした自己催眠が、もしかしたら5月になったら現実になるかもしれない。その上、アベノミクスを支持する青年・財界を中心に、30%に達する「岩盤支持層」が彼を支えている。

  このような状況はなにも日本だけだろうか。忠誠心の高い固定支持層、ライバルどころか代案として言及することさえ難しい野党の不十分なリーダーシップなど、すべてのスキャンダルを飛ばしてしまう北風の中でなら執権者の政権運営は「朝飯前」同然にたやすいことではないだろうか。韓国のドゥルキングスキャンダルも間もなく北風に吹き飛ばされる境遇なのだろうか。

  ソ・スンウク/日本支社長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事