アマゾン、テンセント、新日本製鉄…韓国投資家が最も好む海外銘柄

アマゾン、テンセント、新日本製鉄…韓国投資家が最も好む海外銘柄

2018年04月27日13時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アマゾン、テンセント、新日本製鉄…韓国投資家が最も好む海外銘柄
  米国最大のオンライン流通企業アマゾンと中国トップのインターネットサービス会社テンセント。両社が韓国人の海外株式「ショッピング」目録の1位と2位になった。韓国預託決済院が26日に公開した「今年1-3月期の外貨証券保管規模」の内容だ。預託決済院によると、今年1-3月期末基準で国内投資家が保有する外国株はアマゾンが5億7300万ドル(約6200億ウォン、約620億円)で最も多かった。昨年1-3月期に上位10位にも入っていなかったアマゾンがトップに浮上したのだ。米国情報技術(IT)銘柄への投資の動きが韓国にも広がっている。

  香港株式市場に上場されたテンセントが4億5200万ドルで2番目に多かった。日本の新日本製鉄(3億4400万ドル)が3位だが、前年同期(2位、5億4800万ドル)と比べると順位も下がり金額も減少した。4位は馬雲(ジャック・マー)会長が率いる中国最大オンライン流通企業アリババだ。韓国人は米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されたアリババ株2億9800万ドル分を買った。韓国のNAVER系列会社であり日本株式市場に上場されたLINE、米国NVIDIA、中国平安保険、中国江蘇恒瑞医薬、米国グーグルの親会社アルファベットが順に韓国株式投資家の選択を受けた。

  新韓金融投資は25日、自社プライベートバンカー(PB)100人を対象に「有望海外株」の推薦を受けた。最も多い18人がアマゾンを選択し、テンセント(10人)、NVIDIA(8人)、ベトナムのビングループ(7人)、アリババ(6人)、江蘇恒瑞医薬(6人)が後に続いた。預託決済院の統計を見ると、多くの韓国の投資家はすでにこれら銘柄を大量に保有している。

  韓国人の海外株への関心は昨年から目立っている。2016年に0.2%減少(前年比)した外国株保有額は昨年60.5%増えた。今年も増加している。今年1-3月期の預託決済院の外国株保管規模は117億ドル(約12兆6000億ウォン)と、前年同期(78億ドル)比で50%増えた。同じ期間、外国債券保有規模が4.7%の小幅増加にとどまったのとは対照的だ。韓国投資家が所有する外国債券(247億ドル)規模は外国株を上回るが、増加幅では株が債券を上回っている。

  新韓金融投資の関係者は「過去のように一国にファンドとして投資するより、うまく選択すれば株価上昇効果を大きく得られる個別銘柄に対する選好度が最近高まっている」とし「資産家は利益実現のための売買より長期保有、子どもへの贈与用として保有している」と話した。国別には米国と中国の「2強構図」にベトナムの躍進が目立つ。今年1-3月期に国内投資家が保有する米国・中国の証券(株式・債券の合計)金額は前年同期比それぞれ47.3%増、118%増だった。この期間、ベトナムの証券への投資も550%増えた。ユーロ地域の証券は7.7%増、日本の証券は15.9%増だった。韓国の投資家が保有する香港の証券はむしろ1年間に19.6%減少した。

  預託決済院のコ・ビョングン国際預託決済チーム長は「国内の証券会社などが企業公開(IPO)に直接参加し、ベトナム新規株式投資が大きく増えた」とし「香港市場を通じた中国株式への直接投資が滬港通・深港通制度を通じて可能になり、中国株式に対する韓国の直接投資規模が増加したと把握される」と伝えた。

  人気が高まっている海外株への投資だが、注意すべき点は多い。韓国投資証券リサーチセンターの関係者は「各国でストップ高・安基準、投資単位、手数料、決済日などが異なるという点を熟知する必要がある」とし「何よりも通貨の動きが収益率に大きな影響を及ぼし、売買手数料のほか両替手数料の負担も考慮しなければいけない」と説明した。また「税金も重要だが、少数株主が投資したとしても、海外株式は国内株式とは違い、ほとんどの場合は資本差益に対して譲渡所得税を出すことになる」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事