【NOW!ソウル】日本とはひと味違う!?「あんバター」が人気のお洒落韓国カフェ

【NOW!ソウル】日本とはひと味違う!?「あんバター」が人気のお洒落韓国カフェ

2018年04月20日16時26分
[Copyright(c) KONEST]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
甘いあんこと塩気のきいたバターの調和がクセになる、日本生まれの「あんバターサンド」は、韓国でも人気。聖水洞カフェ通りの「cafe onion」では、「あんバター(4,500ウォン)」が頂けます。
  甘いあんこと塩気のきいたバターの調和がクセになる、日本生まれの「あんバターサンド」は、韓国でも人気。聖水洞カフェ通りの「cafe onion」では、「あんバター(4,500ウォン)」が頂けます。

  *続きは左の「写真拡大」をクリック。 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 甘いあんこと塩気のきいたバターの調和がクセになる、日本生まれの「あんバターサンド」は、韓国でも人気。聖水洞カフェ通りの「cafe onion」では、「あんバター(4,500ウォン)」が頂けます。
  • 天然酵母で作ったチャバッタはモチモチして歯ざわりが良く、上品な甘さのあんことまろやかなバターのバランスは絶妙です。カフェの2階で作られたものが並ぶため、出来立てほやほやの状態で味わえます。
  • 韓国女子に最近特に人気を集めているのが、「SEOUL COFFEE 益善店」のあんバターサンド(各3,500ウォン)。手のひらサイズのふわふわな食パンを使っているのが特徴で、「あんバター牛乳食パン」と「あんバターイカ墨食パン」の2種類があります。
  • パンは温められて提供されるので、バターがゆっくりと溶けていき、パンやあんこによくなじみます。大きなバター2つがうさぎの耳のように差し込まれたビジュアルもユニークで、思わずカメラに収めたくなります。
  • いずれもお洒落なカフェなので、インスタ映えもばっちり。雰囲気のある韓国カフェで話題の「あんバターサンド」を味わってみては?