【時視各角】サムスンが世論工作の主犯?

【時視各角】サムスンが世論工作の主犯?

2018年04月19日11時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年に入ってから、最低賃金の導入を非難し、平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)を「平壌(ピョンヤン)オリンピック」と呼んで政府・与党を侮辱する書き込みがインターネット照会数1位を独占し始めると、与党の共に民主党は衝撃に包まれた。あたふたと偽ニュース対策団を設け、悪性コメント211件を選んで警察に告訴・告発した。偽ニュース対策団に参加したある民主党関係者は「当時、我々はこうしたコメントの背後にサムスンが存在するとみていた」と述べた。与党の支持率を落とし、投獄されていた李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の釈放を誘導しようとコメント作戦をしているではと疑ったということだ。この関係者は「批判コメントがネイバーに集中したのもサムスンとネイバーが組んで(工作を)しているのではという推測につながった」と話した。偶然の一致だったが、李副会長が刑執行猶予で釈放された2月5日以降に批判のコメントが減り始めたのも「サムスン背後論」を後押ししたという。

  警察は50余日後の先月21日、世論工作容疑者3人を捜し出して逮捕し、捜査を一段落させた。しかしこれを徹底的に隠したため、民主党は容疑者がサムスンではなく民主党員の「ドゥルキング」であることを全く知らなかった。グローバル大企業がトップ釈放のために世論工作をすると推定した民主党もコメディーだが、捜査依頼の主体であり与党に党員らがした犯行の捜査結果を隠した警察の態度はそれ以上におかしい。青瓦台(チョンワデ、大統領府)と親文派の金慶洙(キム・ギョンス)議員がかかわった事実が確認されると、政権の核心にだけ捜査の内容を報告し、与党も分からないようにしたのではという疑いを抱くしかない。

  ドゥルキングを捜査する過程での警察の態度を見ると、疑いはさらに強まる。ドゥルキングを逮捕しながら捜査の基本である口座追跡やCCTVの確保を一切しなかった。特に170個にのぼる携帯電話を押収しながらも照会もせず送検したのは深刻だ。活動経費だけでも年間11億ウォン(約1億1000万円)を使ったドゥルキングの資金源と世論工作の背後を知らせる決定的な手掛かりを「分析の必要性がない」として検察に送ったのは、政府に不利と考えられる事件は捜査を放棄した第5共和国の警察と何が違うのか。

  捜査を指揮したイ・ジュンミン・ソウル警察庁長に大きな責任がある。イ庁長は昨年末、仁川警察庁長からソウル警察庁長に栄転した。警察庁次長や警察大学長へ進むのが一般的な仁川庁長が次期警察庁長筆頭のソウル庁長に破格的に起用されたのだ。そのイ庁長が指揮したドゥルキング捜査が捜査のABCも抜いて終結させたため、「イ・ジュミン庁長の栄転は現政権の有力者とのコネのおかげ」という警察内外の声は聞き流せない。実際、「金慶洙議員はドゥルキングからメッセージをいくつか受けたがほとんど読まなかった」と、金議員の弁護士がするような発言をしたのもイ・ジュミン庁長だ。さらにドゥルキングは民主党が主張するように「一介の党員」ではなく大物である可能性も高まっている。金正淑(キム・ジョンスク)大統領夫人が昨年4月3日、民主党の大統領候補を選出する選挙の投票現場で、ドゥルキングが関与する組織「経人先」(経済も人が先という意味)に何度か言及する姿が公開されたからだ。

  イ・ジュンミン庁長がいる警察がドゥルキング捜査を正しくする能力があると信じる国民はほとんどいない。残りは検察だけだ。国民は「世論工作」なら少しでも関与した疑惑がある者をすべて捜して糾明する執念の男をよく知っている。尹錫悦(ユン・ソクヨル)ソウル中央地検長だ。尹彼地検長が李明博(イ・ミョンバク)政権の世論工作を暴いた努力の半分の半分でも投資すれば、今回の事態の真相は明るみに出てくる公算が大きい。「死んだ権力だけを捜査する」という批判を受けてきた尹地検長が生きた権力にもメスを入れる覚悟を持っているのか、国民は見守っている。

  カン・チャンホ論説委員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事