【コラム】ゲーム・整形手術・売春問題についても話そう=韓国(2)

【コラム】ゲーム・整形手術・売春問題についても話そう=韓国(2)

2018年03月30日15時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  また、このように女性を性的消費の対象として扱うことを奨励する要因の中には、無神経なマーケティングの一環として女性を性的に対象化するビデオゲームの拡散も含まれている。製品を販売し、金儲けのためには何の躊躇もなしに人間の性を搾取しているのだ。皆がもう知っているが、誰も議論しない社会悪であるポルノのネット拡散も問題だ。ポルノを社会から完全に除去する訳には行かないが、今のように広く拡散することを放置してはいけないと考える。わいせつ物や淫乱広告をずっと見ていれば女性を主に欲望の対象として見るようになってしまう。そのような環境で育った男性は真の愛情と愛することができなくなる。そのようにして男性の考えがねじ曲げられるのも悲劇的で残忍なことだ。

  次に、整形手術問題がある。整形手術は韓国で成長産業として脚光を浴びていて、さらに外国人のための観光商品の一部になった。ソウル狎鴎亭洞(アプクジョンドン)と新寺洞(シンサドン)の地下鉄駅の壁面を埋め尽くしている整形手術の広告を見れば心穏やかにはいられなくなる。人為的な美的基準に一致しなければならないという社会的圧力によって、強制的に手術を受ける女性のことが脳裏をかすめる。韓国政府は直ちに整形手術広告を禁止しなければならない。

  そして売春という難しい問題がある。韓国には売春する女性たちが多い。私はその女性のうちその誰もが小学校の時にそのような職業に就こうと思っていたとは考えない。安定した職業を持ちにくい女性が、夢も希望もないところに追い込まれた可能性が高い。その結果はどうか。女性は制度化された経済体制の一部に組み込まれ、昼夜問わず性的虐待を受けている。彼女たちが直面している性的虐待は#MeToo運動とはそれほど関連がないかもしれない。だが、彼女たちが毎夜受ける屈辱が消費と搾取のために人を消耗品として扱っている、ますます経済的に両極化する社会の副産物であるという点は明らかだ。

  もし私たちがこの表面に現れない女性を虐待した経験があるすべての政治家に辞任を要求すれば、国会の多くの議席が空席になる場面を見ることになるだろう。世間の耳目を集める高位層のセックススキャンダル次元を越えて、女性に対する性的虐待を自然に身近になるような文化そのものに存在する制度的かつ構造的な問題を解決する時が来た。

  エマニュエル・パストリッチ/地球経営研究院院長

  ◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

【コラム】ゲーム・整形手術・売春問題についても話そう=韓国(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事