グループ100%のミヌさんが死去…思う存分広げられなかった夢

グループ100%のミヌさんが死去…思う存分広げられなかった夢

2018年03月26日13時42分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
グループ100%のミヌさん。
  ボーイズグループの100%(百パーセント)のミヌさんが突然死した。

  100%の所属事務所TOPメディアは26日、報道資料を通じて「3月25日、所属アーティストの100%のメンバー、ソ・ミヌさんが私たちの元を離れた」とし、ミヌさん死亡の事実を伝えた。葬儀は遺族の意向により、非公開に行われる予定だ。

  所属事務所によると、故人はソウル江南(カンナム)の自宅で心停止の状態で見つかった。救急隊が出動したが死亡が確認された。突然の急報に、遺族も所属事務所もショックに包まれた状態だ。100%のメンバーも大きなショックから抜け出せないという。

  事務所側は「100%のメンバーやTOPメディア所属芸能人、スタッフ全員、故人を悲痛な気持ちで哀悼している」とし「ミヌさんはチームの最年長としてメンバーをよく引っ張り、メンバーとファンを心から愛する情に厚い人だった。ミヌさんを知る人は皆、彼の親しさと誠実さを知っているため一層深い悲しみに包まれている」と伝えた。

  ミヌさんは夢多き歌手だった。やってみたいと思う音楽も挑戦したいことも多かった。2006年KBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『四捨五入3』(原題)で芸能界デビューし、2012年には100%のメンバーとして歌謡界にデビューし、歌手に転向した。音楽から演技まで、幅広い才能の持ち主だった。責任感も強かった。100%の最年長メンバーとして、グループの知名度を上げるためにバラエティにも積極的に出演していた。だが、33歳という若さのまま、夢半ばにしてこの世を去ることになってしまった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事