「金正恩が核放棄? ヒトラーにだまされたチェンバレンのように偽装平和に惑わされるな」(2)

「金正恩が核放棄? ヒトラーにだまされたチェンバレンのように偽装平和に惑わされるな」(2)

2018年03月22日16時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  --金正恩のメッセージの真意を信じることができない理由は。

  「トランプ大統領が首脳会談を受け入れて10日以上経つが、北朝鮮政府は非核化のための首脳会談をするといういかなる発表もしないでいる。金正恩は1月1日の新年の挨拶で『核兵器は北朝鮮政権の強力な宝剣』と述べ『北朝鮮が永久的な核強国という現実を米国は認めなければならない』という決意を明らかにしたが、この決心を突然変えたといういかなる証拠もまだ見つけることはできないでいる。鄭室長が北朝鮮訪問後の記者会見で『金委員長は北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、体制の安全が保障されるなら非核化の用意がある』と述べたがこの言葉は北朝鮮と交渉をしたことのあるベテラン外交官ならこれまで幾度となく耳にした言葉だ。一言で、米国が使う非核化の意味と北朝鮮の非核化のビジョンは全く違う」

  --非核化の意味はどのように違っているのか。

  「私は過去数年間、非政府機構の対話を通じて北朝鮮高官から『非核化は韓米同盟と在韓米軍、そして韓国と日本を防御するために米国が提供した核の傘を除去することを意味する』という話をずっと聞いてきた。北朝鮮は、この3種類の米国の脅威を取り除く措置が先行すれば、10~20年以内は安全だと感じる時、非核化を考慮してみようと話した。私にこの話をした人の中には現在の李容浩外相も含まれる。ところが同じ話を韓国特使の鄭室長が金正恩から聞いて来たのだ」

  --すると首脳会談を提案した金正恩の真意は。

  「金正恩は米国との首脳会談を、核武装国として同等な立場で向かい合って座る機会だと考えている。たとえ会談で何の利益を得られなくても、米国大統領と会うこと自体で国際的地位と正当性を確保できたらと考えている。金正恩の目的は米国から北核開発の理解を取り付けることだが、これに失敗しても米国と数年間続くことになる対話過程を始めることによって、核・ミサイルを開発し続け核武器庫を拡大しようとする。このためにおそらく『視察なき凍結』で目的を隠そうとするかもしれない。だが、凍結は、近い将来北朝鮮の核開発を容認することと変わらず、北核威嚇をそのままにすることだ」

  --トランプ大統領は、まず核ミサイル能力の凍結に目標を置くべきだとする専門家もいる。

  「検証することができず、確認することができない凍結および制限は名目だけの幻想だ。現在のように、北朝鮮内に何の監視体制もない状況での凍結は、物理的な核実験、ミサイル試験発射をしない代わりに、核ミサイルの大量生産や技術発展の継続を許すだけだ。北朝鮮が視察と検証を受け入れるかも未知数だ。6カ国協議が2005年に採択した9・19非核化共同声明が結局破棄されたのも北朝鮮が視察を受け入れなかったためだ」

  --ではあなたが考える北朝鮮非核化方法は。

  「北核問題は終着駅(end game)に向かっている。金正恩が核兵器はむしろ政権の終末を早めるだけだという点に気が付き、真の非核化意志を持つ時まで、最大限の圧迫を続けてその計算式を変えるようにするオプションを願っている」

  --首脳会談が失敗したらどうなるだろうか。

  「韓国政府は、トランプ大統領に金正恩と会うように説得するために、実際に金正恩が自ら約束を公表しない状況で、北朝鮮が非核化交渉をする準備ができたという印象を与えたと考える。韓国は、この会談が失敗した場合、むしろ軍事的オプションや実効性のない凍結オプションの可能性が高くなるようにしてしまった。また、北核問題を真の解決に導くことができる強力な制裁を含む最大限の圧迫政策をもぬけの殻に転落させてしまいかねない局面を作ったと考える」

「金正恩が核放棄? ヒトラーにだまされたチェンバレンのように偽装平和に惑わされるな」(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事