【噴水台】韓国の過剰医療、その代案は…

【噴水台】韓国の過剰医療、その代案は…

2018年03月16日15時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米ダートマス大医科大学の教授らには特性がある。「過剰診断」に対する強い問題意識だ。エリオット・フィッシャー教授は2003年の論文で「医療費支出が多いほど健康はさらに悪化する」と主張した。過剰診断と過剰治療による副作用を理由に挙げた。『過剰診断』の著者ギルバート・ウェルチ教授はこの分野の先駆者だ。2010年に米国がん協会誌にウェルチ教授の論文「がん過剰診断」が掲載された後、世界の医学界で医療過剰を自省する声が広がり始めたと評価されている。2013年に結成された米国過剰診断予防学会がダートマス大医科大の教授らを主軸としているのはこのためだ。

  同学会の教授らの集中砲火を避けられないのが発生率世界1位という汚名を持つ韓国の甲状腺がんだ。ウェルチ教授が学会結成の翌年に研究結果を出した。「韓国で流行病のように増えている甲状腺がんは環境毒素や病原菌ではなく過剰診断によるものだ」というのが骨子だ。「確実に危険な病気を看過するのと、大したことでないものを大騒ぎして見つけるのは違う」とも言った。ヒポクラテスの時代から堅持された「患者を助けても害するな(Help or Do not harm)」は医学の原則と重なる部分だ。不必要な治療をしないのが最高境地の医術ということだ。

  ところが韓国の医療の現実とはかけ離れた方向に進んでいる。甲状腺がんだけでなく総体的な医療過剰状態だ。あふれる先端装備・施設も医療過剰につながる。最近は病気は「発生するもの」でなく「見つけるもの」という言葉が出てくるほどだ。特に高齢者が「医療天国」に閉じ込められて過剰診断と過剰治療を受けるという懸念が多い。

  保健福祉部の実態調査の結果を見てもそうだ。高齢者の療養病院は過去6年間に年平均7.6%増えた。人口比の療養病院病床は経済協力開発機構(OECD)の7倍にのぼる。磁気共鳴画像装置(MRI)装備もOECDの2倍水準だ。自宅から通院して治療できる高齢者が療養病院に入り、病気が広がって死亡したりもする。「社会的高麗葬」という悲しい指摘もある。

  福祉部が数日前に導入計画を明らかにした「コミュニティーケア(community Care)」が代案になるかもしれない。高齢者が病院・施設の代わりに自宅やグループホームで過ごしながら地域社会の世話を受けるというものだ。7月ごろにロードマップを出し、来年から段階的に施行するが、精巧な設計とインフラ構築がカギになりそうだ。準備ができていない老後を心配する50歳以上の割合が3人に1人という。社会的に世話をするコミュニティーケアが定着しなければならない理由だ。

  キム・ナムジュン/論説委員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事