【時視各角】中国と米国は別々に?=韓国(1)

【時視各角】中国と米国は別々に?=韓国(1)

2018年02月23日16時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1カ月ぐらい前のことだ。通商にかかわっている政府高位関係者Aと会った。ドナルド・トランプ大統領がサムスン・LG洗濯機に対して緊急輸入制限措置(セーフガード)を発動して騒がしい時だった。本音を尋ねた。なぜ昨年、中国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)の報復に出た時は世界貿易機関(WTO)に提訴しなかったのかと。また、なぜ今米国には直ちにWTO提訴をいうのかと。しばらくためらっていたAが口を開いた。

  「中国はどう出るか分からない。さらに強い報復をする可能性が大きい。だから提訴することが難しかった。実益はなく、むしろより大きな害を受ける可能性があると考えた。米国は違う。法と制度によって動いて理性のある国だ。トランプ大統領の独断で何でもできる国ではない。だからWTO提訴で応酬することができる」

  遠まわしに話したが、意味は明らかだった。「法よりげんこつが恐ろしい」ということだった。十分理解はできたが、心地悪かった。町の露店なら分かるが、大韓民国の通商政策がそのように決定されてはいけないことだった。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が最近、米国に対して「通商と安保は別」を話した時、その理由として「堂々とした態度」を耳にした時、1カ月前の心地悪さが思い浮かんだ。普段なら百回言っても正しいことであり、心情的にも十分理解できる。トランプの退行的・暴力的な保護貿易措置でこそ非難されて当然だ。ところで、なぜ心地悪かったのだろうか。3つの理由がある。

  まず、時期だ。なぜ今なのか。よりによって中国のTHAAD報復に最後まで沈黙で一貫した後だ。どうせなら中国に3不を約束する前に、WTO提訴どころか抗議一言もできず退く前に、大統領の一人飯論議が起きる前に「堂々とした態度」を述べれば良かっただろう。そうしたとすれば今のように「中国と米国は別」か「反米奉中」かという議論は起こらなかっただろう。

【時視各角】中国と米国は別々に?=韓国(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事