MONSTA X、日本シングル『SPOTLIGHT』がオリコン&タワレコで首位

MONSTA X、日本シングル『SPOTLIGHT』がオリコン&タワレコで首位

2018年02月02日15時09分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
MONSTA X
  韓国7人組ボーイズグループのMONSTA X(モンスタ・エックス:ショヌ、ジュホン、ウォノ、ヒョンウォン、キヒョン、アイエム)が日本のオリコンランキングで1位にランクインした。

  MONSTA Xは先月31日に日本で発売したニューシングル『SPOTLIGHT』が日本最大のレコード集計サイト「オリコン」のデイリーシングルランキング(2月1日発表)1位とタワーレコード(1月30日付)で1位を記録した。

  今回の新曲『SPOTLIGHT』は、日本オリジナルソングで、韓国デビュー当時を彷彿とさせる強力なヒップホップ要素が取り入れられた、ダンサブルなサウンドが特徴のナンバーだ。愛する女性をスポットライトの光にたとえて切ない感情をストレートに表現する歌詞が印象的で、MONSTA Xの魅力の一つであるジュホン、アイエムというラッパーライン2人のキレのあるパンチラインも注目だ。

  MONSTA Xは昨年5月に日本でデビューシングル『HERO』を発表して以来、徐々に人気が高まってきている。『HERO』がオリコン週間ランキング2位を記録したことに続き、8月には『Beautiful』でオリコンとタワーレコードで1位にランクインした。今回のニューシングル『SPOTLIGHT』は過去リリースしたシングルに比べ、初日に圧倒的な販売枚数(4万7304枚)を記録していきなりデイリー2位の登場となった。続いて8150枚の販売枚数を追加して2日目には1位に“逆走”を記録し、MONSTA Xの新たな成果を期待させた。

  MONSTA Xはこれに先立ち、日本ユニバーサルミュージックの新レーベル「Mercury Tokyo」と契約し、昨年5月に1stシングル『HERO』でデビューした。また、昨年日本で開催された音楽フェスティバル「サマーソニック2017」に韓国代表で参加、大阪と東京公演のマウンテンステージの舞台に立った。約40分間のステージでファンからの熱い反応を引き出し、グローバルな地位を認められた。

  MONSTA Xは2015年に『TRESPASS』で韓国デビューして『RUSH』『HERO』『All in』『Fighter』『beautiful』『SHINE FOREVER』などをリリースして、華やかなパフォーマンスとソリッドな音楽的カラーを前面に、独自の領域を構築してきた。昨年は11カ国16都市・18公演にわたる初めてのワールドツアーを成功させたMONSTA Xは、ミニ5thアルバムのタイトル曲『DRAMARAMA』でデビュー後初めて音楽ランクング番組で1位を獲得し、「第32回ゴールデンディスク」で本賞を受賞した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事