韓国大学生、少女像前で「売国的慰安婦合意を直ちに破棄せよ」

韓国大学生、少女像前で「売国的慰安婦合意を直ちに破棄せよ」

2017年12月28日17時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
民大協が主催した慰安婦合意廃棄要求集会が28日午後、ソウル中学洞駐韓日本大使館前で開かれた。この日の集会に参加した学生たちが記者会見をしている。
  韓日両国間慰安婦合意が妥結して2年目になる28日、駐韓日本大使館近隣ではこの合意を破棄しなければならないという大学生の声が続いた。

  旧日本軍慰安婦問題の解決のために組織された大学サークル連合「平和蝶ネットワーク」はこの日午前、ソウル中学洞(チュンハクトン)駐韓日本大使館前で記者会見を行って「2015韓日慰安婦合意を直ちに破棄しなければならない」と促した。

  参加者は前日、韓日慰安婦合意検証TF(タスクフォース、作業部会)が2015年両国間合意当時、裏面合意があったと明らかにしたことに対して「朴槿恵(パク・クネ)政府と安倍政府の裏面合意が明るみに出て怒らざるを得ない。被害者たちは日本の謝罪を受けるために72年を待ってきた。さらに待たせるのは暴力だ」と主張した。

  彼らは「文在寅(ムン・ジェイン)政府は慰安婦合意問題を外交と結びつけてはならない」とし「安倍政権の妄言」「日本政府の責任否定」などの文面が書かれたボックスを足で蹴るパフォーマンスを披露した。

  この日正午、同じ場所で「民主主義自主統一大学生協議会」(民大協)所属の大学生も記者会見を行って「お金で慰安婦問題を覆ってしまおうとする韓日慰安婦合意は直ちに破棄しなければならない」と明らかにした。同時に「文在寅政府は日本の顔色をうかがわず、堂々と合意破棄宣言をしなければならない」と要求した。

  民大協は「朝鮮人少女が旧日本軍の性的奴隷に連れて行かれたのは日本政府と軍によって組織的に行われた。人類歴史で類を見ない残虐な戦争犯罪だった」と批判した。また、「歴史問題の正しい解決なしに韓日関係の発展はあり得ない。政府は10億円を直ちに返還し、和解・治癒財団も解散する必要がある」と強調した。彼らは記者会見を終えた後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)方面に行進した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事