【BOOK】「北核は言い訳、米国は中国との戦争を望む」(1)

【BOOK】「北核は言い訳、米国は中国との戦争を望む」(1)

2017年12月28日16時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北核危機を題材に2冊の長編小説『米中戦争』を出版した小説家、金辰明さん。戦争寸前まで達している韓半島(朝鮮半島)の状況を迫力のある流れで描いた。
  揮発性の強い政治社会的問題をリアルタイムで小説化してきた金辰明(キム・ジンミョン)さん(60)が今回は北核問題を選んだ。200字原稿用紙1800ページ分量の2冊からなる長編小説『米中戦争』だ。ところで、題名が米朝戦争でなく米中戦争だ。現れている現象は北核危機だが、本質は米国が中国を打撃しようとするという発想だ。その土台には経済で中国に押された米国が中国と戦争を行って世界最強国の地位を維持しようとするという論理が隠れている。フィクションとドキュメンタリーの境界を行き来する金さんの小説は時事常識以上の洞察力が溶けており、説得力があった。だが、論争も巻き起こした。今回の小説の場合、米国が軍事力をあきらめる場合、ドルが暴落して国が滅びるという設定だ。26日、金さんに会った。彼は「必要であれば高級情報筋に会って小説を書くのに必要な資料を得ている」と話した。

  --出版の時期をよく合わせたようだ。

  「実際、ちょっと遅れた感がある。1993年、小説『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』以降、ずっと北核問題、韓米関係、中国の台頭、このような問題を考えてきた。北核問題が単に米国が北朝鮮を先制攻撃しようとするということであれば、解決があまり難しくない。問題は米国は弾丸が一発しか残っていないが、それを北朝鮮に使ってしまえば本当のターゲットである中国には使うことがないという点だ。米国にとって北核は中国と戦争を行うための導火線に過ぎない。このような本質を分かれば、政府の北核危機に対する対応が一層簡単になるだろう。今回の小説は読者だけを念頭に置いた作品ではない。政府、政治家たちに北核危機の解決法を提示したかった」

  --小説の設定がどれほど事実に合致するのか。

  「私は20年以上北核問題を考えてきた。私が正確に見ていると考える」

  --たとえば、米国の巨富一族で構成された8人会が実際に存在する組織なのか。

  「世界の上位1%の金持ちが残りの人々を合わせたより多くの財産を持っているというのではないか。彼らが規則とルールに従えば、財産を守ることができないだろう。そのような少数の考えや行動は一般の人たちが想像することができない。彼らに『8人会』という名前を付けた。必ずしも8族ではないかもしれない」

  --8人会が米国の大統領選前に候補らの面接をしたという内容も小説に入っている。

  「政治は結局、お金ではないだろうか。直接的に政治資金を提供するのもあるだろうが、単に目に見える資金ではなく、とても奥深く現実政治に影響を及ぼす可能性もある。たとえば、トランプ氏が特検に追い込まれて政治的に危機に直面する場合、どれほど多い政治家がトランプ氏の軍配をあげるのかがカギだ。巨額の政治資金を提供できる大物は有力政治家たちと利益を共有する関係だ」

【BOOK】「北核は言い訳、米国は中国との戦争を望む」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 北核危機を題材に2冊の長編小説『米中戦争』を出版した小説家、金辰明さん。戦争寸前まで達している韓半島(朝鮮半島)の状況を迫力のある流れで描いた。
  • 長編小説『米中戦争』