【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光(2)

【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光(2)

2017年12月28日14時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ところで、SHINeeの舞台を見るたびに筆者は「あのように曲芸に近い振りつけをしながら歌まで完ぺきに消化するためにはいったいどれほど多い練習をしたのだろうか」とも考えたりした。多くの人々がすでにご存知のように、これは骨を削るような努力と競争システムの産物だ。アイドルになるための最初の関門は練習生オーディションだが、特に「3大事務所」と呼ばれるSM・YG・JYPの場合、オーディションの競争率が時には数千対1に達する。一例としてSHINeeの他のメンバーである「キー」の場合、8000対1に近い競争率を突き抜けて選抜されたことで有名だが、さらにこのような競争率を突き抜けて該当事務所に練習生として選ばれたといってもデビューが保障されるわけでもない。彼らは事務所が決めた窮屈な訓練プログラムを忠実に履行し、同時に月ごとに実施する「月間評価」を成功裏に通過しなければならない。この評価で3~4回以上指摘された部分を改善できなかったり、発展した姿を見せることができなかったりする場合、その練習生は事務所から「練習終了」、すなわち退出を通知される。そして、このように苛酷な過程の中で生き残ってデビューを果たしても、すでに飽和状態になっているK-POP音楽界で成功するために彼らはもう一度の激しい生存競争を余儀なくされる。

  結局「完全体アイドル」とは10代時代から彼らが体験し、今でも絶えず体験しているプレッシャーとストレスの結果であるわけだ。さらに、最近では音楽とパフォーマンスだけでなく、身なり、言葉巧み、そして日常生活そのものまで全部ソーシャルメディアやリアルタイムのインターネット放送を通じてファンたちに一種のコンテンツとして供給される。それこそ24時間、365日ずっと一度も息つく暇もなく、スケジュールが続くわけだ。

  もちろん、アイドルとして感じる過度なストレスとプレッシャーだけが故ジョンヒョンさんを死に追い込んだわけではないだろう。しかし、10代から限りない競争体制に投げられたまま「高スペック」を求められ、その全てを備えても絶えず不安にならざるを得ない彼らの人生は、実に現在韓国の10、20代の姿と非常に似ている。練習生の殺人的な仕事と学校や自習、各種塾のスケジュールで満たされた一般的な10代の日常とあまり変わらない。そして、歌とダンスいずれも上手くできてもデビューが保障されておらず、さらにデビュー後にも依然として生存競争のストレスに苦しめられるアイドルの人生は、大学進学後にも相対評価で良い単位を取るために競争し、TOEIC900点を超えても各種資格証を取っても就職のために数百、数千対1の競争率を通過しなければならない20代の姿と似ている。もしかしたら、K-POPアイドルの影と光は韓国の若い世代が直面した現実の反映であり、圧縮されたバージョンなのかもしれない。

  イ・ギュタク/大衆音楽評論家・韓国ジョージ・メイソン大学教授

【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事