【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光(1)

【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光(1)

2017年12月28日14時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光
  5人組男性アイドルグループSHINeeのリードボーカルだった故ジョンヒョンさんが先週、自ら世を去ったという便りは多くの人々を衝撃に陥れた。国内はもちろん、全世界のK-POPのファンたちから大人気を謳歌していた、何よりも今年で27歳に過ぎなかった才能のある若手音楽家が突然世を去った理由について様々な話が飛び交っている。世界に公開された彼の遺書から見たところ、故ジョンヒョンさんはうつ病と共に自身を押さえ付ける多様なプレッシャーにより、精神的に非常に大変がったものとみられる。

  彼が属していたグループSHINeeは、多くのK-POPアイドルグループの中でも突出した実力で定評のある独歩的な存在だった。ダンスやパフォーマンスの難易度がとても高いにも一寸の誤差もなしにそれをやり遂げるのはもちろん、激烈なダンスを踊る中でもライブで歌う歌が揺れる場合がほとんどなかったためだ。さらに、メンバー全員がボーカルに参加しながらも派手な振りつけまで完ぺきに消化したので、ファンたちの間でSHINeeは「4人のメインボーカルと1人のサブボーカルを持つグループ」と言われるほどだった。

  1990年代後半にデビューした、いわゆる「第1世代」アイドルグループがライブに弱かったこととは違い、2000年代後半以降に登場した「第2世代」からはより一層派手な振りつけを見せながらも歌までライブで消化し、かつてより一歩進んだ実力を誇示している。現在、多くのアイドルグループがワールドツアーを成功的に行っているのは、まさにこのような硬い実力に基づいたものだ。さらに、故ジョンヒョンさんがそうだったように、最近ではグループ内で多くのメンバーが作曲・作詞および編曲にも積極的に参加している。素敵なルックスと素敵なスタイルに歌とダンス、いずれも完ぺきでさらに作曲能力まで備えた、それこそ「完全体アイドル」が大勢だ。

【時論】故ジョンヒョンさんの死から見たK-POPの影と光(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事