中国が韓国に送った脱北者2人…韓中関係改善を象徴する措置?

中国が韓国に送った脱北者2人…韓中関係改善を象徴する措置?

2017年12月28日10時42分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅韓国大統領(左)と習近平中国国家主席(右)
  駐中韓国公館にいた脱北者2人が最近韓国に入国したが、これは文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中を通じた韓中関係改善の象徴的措置だと東亜日報が報道した。

  東亜日報は28日、外交消息筋の話として「最近脱北した国軍捕虜の子女と1年半前に脱北し公館に長期滞在していた脱北者の2人が無事に韓国に入国した。文大統領訪中時の韓中首脳会談で中国側に駐中韓国公館に滞在中の脱北者の安全な入国を要請していたものとわかった」と報道した。

  続けて「今回脱北者2人が韓国に来たのは習近平中国国家主席が文大統領の要請に応じたもので、高高度防衛ミサイル(THAAD)問題解消後の韓中関係改善を象徴的に示す措置のひとつと解釈される。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は中国の措置に謝意を表明した」と報道した。

  文在寅大統領は13日から16日まで中国を国賓訪問して習近平国家主席と会談し、「両国関係を速やかに回復、発展させていくことが重要だ」と話した。これに対し習主席も「挫折を経験すれば回復に時間が長くかかるが、いま両国関係は速いスピードで改善されており、こうしたことが再び繰り返されないよう格別に神経を使い管理をしっかりしていこう」と答えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事