SHINeeジョンヒョンさん、姉に「最後の挨拶」メッセージ送り…亡くなった状態で見つかる

SHINeeジョンヒョンさん、姉に「最後の挨拶」メッセージ送り…亡くなった状態で見つかる

2017年12月19日07時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SHINeeジョンヒョンさん
  韓流アイドルグループSHINeeのメンバー、ジョンヒョン(本名キム・ジョンヒョン)さん(27)が18日、亡くなったまま見つかった。

  ソウル江南(カンナム)警察署によると、ジョンヒョンさんは江南警察署失踪チームによって午後6時10分ごろ、ソウル清潭洞(チョンダムドン)のあるレジデンスで発見された。警察関係者は「発見当時、心停止状態だった。応急措置を取りながらソウル広津区(クァンジング)の建国(コングク)大病院で運んだが、結局亡くなった」と説明した。これに先立ち、警察はこの日午後4時42分、ジョンヒョンさんの実の姉(29)から福江不明の届出を受理した。ジョンヒョンさんの姉は「弟が自殺しようとしているようだ」と述べて届出を出した。ジョンヒョンさんは2日前、姉に「今まで大変だった」というメッセージを残したという。

  警察関係者は「ジョンヒョンさんがうつ病で苦しんでいたという内容で、姉に長文のメッセージを送ったとみられる」と述べた。この日午後もジョンヒョンさんは姉に「私を死なせてほしい。苦労していたと話してほしい。最後の挨拶だ」とメッセージを送った。このメッセージを確認した姉がすぐに行方不明の届出を出し、この届出を受理した警察はジョンヒョンさんの携帯電話の信号が捕えられた基地局を特定して周辺の宿泊業者に聞き込み調査を行った。事件が発生したレジデンスの地下3階駐車場でジョンヒョンさんの車両が見つかった。

  事件現場には煙を吸った痕跡が残されていて、ジョンヒョンさんが姉に残したカカオトークメッセージ以外の遺書は見つからなかった。警察によると、ジョンヒョンさんはこの日午後12時ごろにレジデンスにチェックインして2日分宿泊費を決済していた。

  警察は「故人に対する解剖検査は家族と相談して決める」と話した。

  ジョンヒョンさんは2008年『Replay』でデビューしたSMエンターテインメント所属アイドルグループSHINeeのメインボーカルとして活躍し、歌唱力だけでなく作詞・作曲などシンガーソングライターとしての能力を認められてきた。

  SHINeeは『Love Like Oxygen』(2008)、『JULIETTE』(2009)、ドラマ『花より男子』OST『stand by me』などのヒット曲で高い人気を博していた。

  ジョンヒョンさんは2015年1月、自作曲4曲が収録されたミニアルバム『Base』をリリースした後、グループとソロ活動を並行していた。今月9日と10日には単独コンサートを行い、ことしだけで合計22回の公演をこなした。

  来年2月には日本でSHINee単独コンサートが開く予定だった。

  ジョンヒョンさんは2014年2月からことし4月初めまで3年余りの間、MBC(文化放送)ラジオ『青い夜、ジョンヒョンです』のDJとして活躍し、2015年MBC放送演芸大賞ラジオ部門優秀賞を受賞していた。

  各種バラエティ番組でも機転が利く話術で視聴者から好評を受けた。今月24日放送予定のJTBCのバラエティ番組『夜鬼』の録画を終えた状態だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事