中国警護員に殴られた記者の懲戒を求めた韓国の元警察幹部

中国警護員に殴られた記者の懲戒を求めた韓国の元警察幹部

2017年12月18日09時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  チャン・シンジュン警察人権センター長が中国警護員の韓国記者暴行事件に関して該当報道機関の謝罪と記者に対する懲戒を要求した。チャン・センター長は16~17日、自身のフェイスブックに相次ぎ書き込んだ2件のコメントを通じて「中国で物議をかもした記者が所属している報道機関は該当記者を懲戒し、対国民謝罪とともに再発防止を約束しなければならない」と主張した。

  警察人権センターはチャン・センター長が立ち上げた私設組織だ。政府や警察に所属している所ではない。事務室もなくチャン・センター長一人でフェイスブックを通じて活動している。江陵(カンヌン)警察署長・楊口(ヤング)警察署長を努めた彼は「江原共にフォーラム」の共同代表、「幸せな江原道委員会」の委員長を努めている。

  チャン・センター長は「市民らと気安く付き合うことが好きな文在寅(ムン・ジェイン)大統領も歓呼する市民に近付けないように統制される国が中国だ。大統領も相手国の警護原則と基準に従うのに、これを無視しようとした記者を警護員が物理的に制止したのは中国にとっては当然の職務遂行だ」と話した。また、「記者たちの取材は所属会社である報道機関の職員としての職業的義務であるため、特別に尊重されるべき権利や権限ではない。重大な時期に国家的外交成果を崩し、さらに国の恥さらしまでさせたとすれば世宗路(セジョンノ)交差点でござを敷いて犯した罪の処分を待つ時だ」と暴行された記者と報道機関を非難した。その後、彼のフェイスブックには「警護員10人が許可札のある記者を倒した後、土足で顔を蹴るのが警護か」などの批判のコメントが書き込まれた。

  これに先立ち、梨花(イファ)女子大学国際大学院のチョ・ギスク教授も「警護員の正当防衛」論争を巻き起こした。チョ教授は盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の在任時代である2005~2006年、青瓦台(チョンワデ、大統領府)広報首席秘書官を努めた。チョ教授が15日、自身のフェイスブックに「警護員が記者を装ったテロリストなのか記者なのかをどう区分するだろうか。暴力を振るってでもとりあえず阻止してみるのが警護員の正当防衛ではないだろうか」という内容を載せた。その後「警護員なら外国記者団をあのように暴行してもかまわないのか」などの指摘が相次いだ。チョ教授はフェイスブックを通じて「記事よりはSNSでニュースに接したため、記者が集団暴行にあったという事実を把握できずに発言して物議をかもした」として謝罪した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事