急死のサンフランシスコ市長、姉妹都市ソウルと深い関係…「ソウル市名誉市民」

急死のサンフランシスコ市長、姉妹都市ソウルと深い関係…「ソウル市名誉市民」

2017年12月13日11時28分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
昨年12月、名誉ソウル市民になったエドウィン・リー米サンフランシスコ市長(左)が朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長と記念撮影をしている。(写真提供=ソウル市)
  12日(現地時間)に急死した米サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は代表的な親韓派であり、ソウル市と深い関係を結んだ。

  リー市長は昨年12月1日にソウル市を訪問し、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長からソウル市名誉市民証を受けた。当時、朴元淳市長は「サンフランシスコは共有・革新を率いる世界的な都市であり、ソウル市が学んで交流するべき分野が多い」とし「エドウィン・リー市長もソウル市とサンフランシスコ市の交流に強い愛情を持って力を注ぐことを期待する」と述べた。

  これに先立ち昨年9月にはリー市長が朴元淳ソウル市長をサンフランシスコに招請し、ソウル-サンフランシスコ姉妹都市40周年を記念する「ソウルの日inサンフランシスコ」行事を開催した。サンフランシスコ市民およそ400人が参加した中、ソウル市舞踊団のプチェチュム(扇の舞)など伝統公演が行われた。当時、朴ソウル市長は「アジアでは40歳は『不惑』というが、姉妹都市40周年を迎え、両都市が揺れることなく友情と交流を長く続けていくことを望む」と述べた。

  またソウル市とサンフランシスコ市は2013年、文化と観光、都市計画など優秀政策を共有する了解覚書を締結した。これを通じて両都市は▼文化・観光、都市計画および開発分野、電子政府および情報技術、持続可能な政策、共有経済など優秀政策事例の共有▼両都市で相互主催する国際機構および国際会議への加入・参加など実質的交流関係の構築▼両都市の教育および文化機関の交流協力増進▼職員相互派遣による市政学習機会の提供、政策および知識共有--などを推進してきた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事