BIGBANG、東京ドームで観客11万人を熱狂…G-DRAGON「笑ってラストダンスを」

BIGBANG、東京ドームで観客11万人を熱狂…G-DRAGON「笑ってラストダンスを」

2017年12月08日10時44分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
BIGBANGの公演の様子
  韓国のボーイズグループBIGBANGが東京ドームをいっぱいに埋めた観客と楽しいひと時を過ごした。

  海外アーティスト史上初となる5年連続ドームツアーでコンサート「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」を開催中のBIGBANGは、今月6日と7日、東京ドームに11万人の観客を動員した。13日に開催される公演まで合わせると、東京ドームだけで計16万5000人余りの観客を動員する予定だ。

  東京ドームはBIGBANGの日本進出においてさまざまな意味を持つ場所だ。2008年3月「Global Warning Tour 2008」を開始して初めての海外進出を宣言したBIGBANGが、当時日本で初めて公演を行った場所が東京ドーム内にあった3000席ほどの規模のJCBホールだった。当時、3公演をすべて完売させて日本での成長の可能性を確認したBIGBANGは2009年に日本メジャーデビューを果たした後はアリーナツアーを開催するなど大きく成長していった。

  東京ドーム内の小さな公演会場で初めての日本コンサートを開催したBIGBANGは、それから4年余りが経過した2012年12月5日にワールドツアー「ALIVE GALAXY TOUR 2012」を通じて日本の歌手の間でも「夢の舞台」と言われている東京ドームの舞台に初めて上がることになった。その後は毎年欠かすことなく東京ドーム公演会場を観客で埋め、その人気の高さを確認してきた。

  当面は公演の予定がないことから、BIGBANGは超大型サイズのLEDを動員してシンプルながらも感覚的なビジュアルの舞台を披露した。華やかな映像のオープニングに続き『HANDS UP』と『SOBER』『WE LIKE 2 PARTY』に続く舞台を通じて強烈なパフォーマンスを披露したBIGBANGは、その後『無題』『WAKE ME UP』『あ・ぜ・ちょ!』『アイなんていらない』など、G-DRAGON、SOL、D-LITE、V.Iら一人一人の個性が発揮された舞台で観客を魅了した。およそ20曲のレパートリーで、グループとしてもソロとしても強力なエネルギーを持つBIGBANGの魅力が100%発揮された今回の公演は、観客に深い余韻を残して終わった。

  G-DRAGONは「お別れとは思わずに、再会の日を期待して一日一日を送れば、その日はすぐ来ると思う。皆さんが愛して下さったように私たちの愛も変わらないので、互いに笑って最後までラストダンスを踊りましょう」とファンに挨拶した。

  BIGBANGは続いて13日東京ドーム、21日から24日まで京セラドーム大阪までツアーを続けて合計69万6000人の観客と会う。30日と31日にはソウル高尺(コチョク)スカイドームでファイナル公演を迎える。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事