【取材日記】日本は観光収支黒字を続けるが、韓国は…

【取材日記】日本は観光収支黒字を続けるが、韓国は…

2017年11月30日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  少しだが中国が限韓令を解除した。だが、中国団体旅行客の減少ではなくとも、インバウンド(外国人対象観光サービス)業界の困難は多い。北朝鮮の核脅威は外国人が韓国訪問を敬遠する主な理由の一つだ。また「韓国観光は格安旅行」「買い物ばかりさせる」という先入観と不満は自ら解決すべき課題だ。

  悪材料が重なって観光指標は急落した。今年(1~10月)の訪韓中国人は353万人で、昨年(701万人)に比較すると半分に減った。東南アジア8カ国(台湾・香港・フィリピン・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ベトナム)の旅行客は293万人で昨年より1万人増え、日本旅行客は190万人で2万人増加にとどまった。限韓令以降、政府が強調し続けてきた「海外市場の多角化」は掛け声にとどまっているという傍証だ。

  今年の訪韓旅行客規模は1300万人台で、2014年1420万人にも達することができないものと見られる。時計の針が3年もさかのぼったわけだ。業界ではこのような状況にもかかわらず、文化体育観光部の役割が見えないという声が出ている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は候補時代だった5月初め「文化、体育、観光を担当する次官をそれぞれ置く方法を検討中」と述べた。だが「専門担当次官」はできなかったし、むしろ国内観光を担当する観光政策室が廃止された。当初大統領直属として議論されていた国家観光戦略会議は首相室傘下に格下げられ、年内に発足できるかも不透明だ。「観光パッシング」という言葉が出る理由だ。

  匿名を要求したインバウンド会社代表Aさんは「観光は煙突のない産業といったが、ドルを稼ぐインバウンドに対して政府があまりにも無神経だ」と話した。限韓令以降である3月、文化体育観光部は「政府をあげての合同観光市場活性化案」を発表して市場の多角化などを掲げたが、何も変わっていない。

  日本は毎年観光収支の黒字を更新している。日本政府観光局(JNTO)によると、今年の訪日旅行客は2800万人を突破して12兆ウォン(約1兆2436億円)の黒字が予想される。2007年「観光立国」を標ぼうして以来、入国のハードルを下げ「YOKOSO(ビジット)・ジャパン」で外国人を迎えたのが奏功した。

  JNTO関係者は「『観光立国』を標ぼうする当時、日本では『韓国から学ぼう』という話があった」とした。2007年、韓日間外国人観光客数は韓国が200万人少なかった。今年は数値の格差が1500万人に広がる見通しだ。10年ぶりに立場が変わった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事