韓国女優イ・ミジ、孤独死…死亡して2週間後に発見

韓国女優イ・ミジ、孤独死…死亡して2週間後に発見

2017年11月28日14時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優イ・ミジ
  女優イ・ミジ氏(実名、キム・ジョンミ)が腎臓ショックで死亡した。享年58歳。

  ソウル江南区駅三洞(カンナムグ・ヨクサムドン)のあるマンションで一人で暮らしていた故人は、死亡したまま弟によって発見された。現在はソウル江南聖母(ソンモ)病院の葬儀場に遺体を移した状態だ。解剖検査結果、イ氏は発見2週間前に死亡したと推定されている。

  故人は1981年、韓国映画『The Wail in Spring』でデビューし、『青い鳥はいた(1997)』『6人兄弟(1998)』『太祖王健(2000)』『スキャンダル-朝鮮男女相悦之詞(2003)』『キム・マンドク~美しき伝説の商人(2010)』『ママだから大丈夫(2015)』などに出演した。

  故人の葬儀室はソウル聖母病院葬儀場7号室であり、出棺は29日午前7時45分だ。埋葬地は仁川(インチョン)家族公園だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事