中国対外連絡部長帰国…金正恩委員長との面談は明らかにせず

中国対外連絡部長帰国…金正恩委員長との面談は明らかにせず

2017年11月21日11時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  習近平中国国家主席の特使として平壌(ピョンヤン)を訪問した宋涛共産党対外連絡部長が3泊4日間の訪朝日程を終えて20日午後に北京に到着した。だが、最大の関心事である金正恩労働党委員長と面談したという報道は出なかった。一部では宋部長の金委員長との面談が不発になったという観測が出ていたが、真偽は確認されていない。

  北朝鮮は20日午後10時現在、宋部長の帰国事実と金正恩委員長との面談が行われたかどうかは報じていない。これに先立ち、北朝鮮官営朝鮮中央通信は17日と18日、それぞれ行われた崔竜海(チェ・ヨンヘ)労働党副委員長および李洙ヨン(リ・スヨン)党国際担当副委員長との会談事実を一日ずつ遅れて報じた。

  中国国営新華通信は宋部長の帰国時間に合わせて「宋特使が北朝鮮を訪問して朝鮮労働党中央指導者と会談し、両国関係と韓半島(朝鮮半島)問題など共通の関心事について意見を交換した」と報じた。指導者が崔竜海副委員長と李洙ヨン副委員長を指しているのか、最高指導者(金正恩)を指しているのかは不明だ。

  北朝鮮が核・ミサイル挑発を約60日間中断した状況で宋部長の北朝鮮訪問が実現するにつれ、北核問題解決に新しい動力が設けることができるかもしれないとの期待を呼び起こした。中国は宋部長が出発前から習近平主席の特使という点を明らかにし、北朝鮮メディアの報道でも特使という肩書を使った。それにもかかわらず、金委員長が宋部長との面談を拒否したとすれば対北朝鮮制裁の度合いを高めている中国に最強の不満を表示し、核・ミサイル開発をあきらめられないと宣言したことと同じだ。

  この他に表面上、第19回中国党大会の結果、説明のために北朝鮮を訪問した宋部長の職級が党中央委員なので5年前に第18回党大会当時の李建国政治局員より一段階下がったことに対して不満だと考える見方もある。

  一方、北朝鮮が宋部長の訪朝日程を一日ずつ遅れて報じてきたことから面談が不発になったと決めつけることはできないという観測もある。金委員長が訪朝最後の日、宋部長に会えるという意味だ。だが、この場合にも意図的に宋部長らを最後の日まで待たせたなら、これも中国に対する不満を示したと見る見方もある。2015年劉雲山常務委員が北朝鮮を訪問した時は初日の深夜に金委員長との会合が実現した。

  宋部長はこの日午後6時20分ごろ(現地時間)、北京首都空港に帰国した。彼は出迎えにきた池在竜(チ・ジェリョン)駐中北朝鮮大使と対話をした後、北京市内へ向かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事