俳優イ・ビョンホン、小児がん闘病中のファンと出会い「特別なプレゼント」

俳優イ・ビョンホン、小児がん闘病中のファンと出会い「特別なプレゼント」

2017年11月14日10時46分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
小児がんを闘病中であるファンと俳優イ・ビョンホン。
  俳優イ・ビョンホンが小児がんを闘病中であるファンと特別な出会いをした。

  1日、ソウル市江南区(カンナムグ)BHエンターテインメントのある事務室で小児がんを患っている少年がイ・ビョンホンに会いたいという夢をかなえた。

  小児がんで闘病しているイ・ドンホン君(16)は昨年2月、突然膝の痛みで病院を訪れた後、骨肉腫の診断を受けた。坑がん治療以降、現在は健康を回復したイ君には一つの夢があったが、それは俳優イ・ビョンホンに会うこと。イ君の希望は難病児童の夢をかなえてあげる韓国メイク・ア・ ウィッシュ財団を通じてイ・ビョンホンの所属事務所であるBHエンターテインメントに伝えられ、この日その夢がかなった。

  イ・ビョンホンの長いファンで、ドラマから映画まで欠かさず見ているというイ君は、現場で発声法および体形管理秘法、映画の中での射撃姿勢など普段気になっていたことを質問した。イ君の質問にイ・ビョンホンは答えると共に、直接射撃の姿勢を見せて視線、銃口の方向、移動姿勢などを説明した。

  特に、イ・ビョンホンは自身の学生時代の話、俳優になったきっかけなど普段メディアを通じて公開されなかった個人的な話を伝えて「以前にアル・パチーノとの出会いで彼に個人的な話を聞いて感動した。私のこのような話がドンホン君にも小さいが特別なプレゼントになれば良いだろう」と話した。

  夢をかなえたイ君は「実感できない。夢を見ているようだ」とし「きょうの出会い後に俳優イ・ビョンホンにさらに近づいた気持ちだ」と感想を明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事