慰安婦・拉致被害者…韓日首脳、トランプ氏の前で国内政治問題で勝負手(1)

慰安婦・拉致被害者…韓日首脳、トランプ氏の前で国内政治問題で勝負手(1)

2017年11月08日13時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  7日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がドナルド・トランプ米大統領のために主催した歓迎夕食会に韓米同盟と直接的に関係がないようなお客さんが登場した。慰安婦被害者である李容洙(イ・ヨンス)さんだ。

  外交街では青瓦台(チョンワデ、大統領府)の李さんの招請は安倍晋三本首相がトランプ大統領夫婦と北朝鮮拉致被害者家族が会う機会を設けたことと同じ流れの措置という解釈が出ている。最も重要な同盟国の首脳がビッグイベントを契機に韓日首脳いずれも「国内政治の勝負手」を出したわけだ。

  トランプ大統領は訪日中だった6日、拉致被害者家族17人に会った。記者会見でトランプ大統領は「とても悲しいこと」「悲劇だ」などの表現を使って彼らの痛みに共感した。北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんの名前を正確に発音して「1977年拉致された」という説明も付け加えた。

  これだけではない。北朝鮮に抑留されて昏睡状態に陥ったあげく、米国に戻って亡くなった米国人青年オット・ワームビアさんに触れた。トランプ大統領は「そのようなことを二度と起こさせてはならない」と強調した。外交街消息筋は「トランプ大統領が横田めぐみさんの問題とワームビアさんの問題を事実上、同じ問題に取り上げたが、これは拉致問題解決に政治的命をかけている安倍首相には大きなプレゼント」と伝えた。日本のメディアはトランプ大統領が拉致被害者家族に会ったことを1面で報じ、米国がまもなく予定されている北朝鮮のテロ支援国再指定検討でワームビアさんの事件だけでなく、拉致問題も考慮するだろうと伝えた。

  これまで拉致問題の解決に向けた日朝間交渉が間けつ的に行われてきたが、大きな成果を出すことができなかった。また、北核対応にあたって日本が穴になるのではないかという国際社会の懸念もあった。だが、トランプ大統領が「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が拉致被害者を送り返す場合、それは非常に特別なことの始まり」と明らかにし、このような懸念を払拭させただけでなく、拉致問題が米朝間交渉の議題になる可能性まで提起されている。

慰安婦・拉致被害者…韓日首脳、トランプ氏の前で国内政治問題で勝負手(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事