【取材日記】金正恩の「DOTARD」がピケに登場した反米デモ=韓国

【取材日記】金正恩の「DOTARD」がピケに登場した反米デモ=韓国

2017年10月19日10時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
18日、釜山市南区海軍作戦司令部の前でデモをしている釜山民衆連帯会員たち。
  18日午前7時30分、釜山市南区(プサンシ・ナムグ)海軍作戦司令部の前。釜山民衆連帯所属の会員たちが「DOTARD Trump,STOP LUNACY!(ぼけた老いぼれトランプ、バカなことはやめて!)」と書かれたプラカードを手にしてデモをしていた。一週間目だ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が使った「DOTARD」という表現を使って米軍を嘲弄するだけでなく悪口もする。ここに勤める米海軍所属軍人に向かったものだ。釜山南部警察署に悪口デモ隊を捕まえてほしいという苦情が入るほどだ。

  この団体は14日、釜山海雲台(ヘウンデ)ホテルで開かれた米海軍創設242周年記念行事にも現れ「DOTARD」「ヤンキー、ゴーホーム」などが書かれたプラカードを手にしてデモをした。この日の行事にはマーク・ナッパー駐韓米大使代理、ヴィンセント・ブルックス在韓米軍司令官をはじめ、米海軍司令部所属400人が参加した。韓国側では徐秉洙(ソ・ビョンス)釜山市長、チョン・ジンソプ海軍作戦司令官が参加し、釜山の主要機関長など250人が招待された。当時、デモ隊と行事の参加者が混じりながら会議場の前では大混乱が起きた。

  表現と集会の自由が憲法によって保障されている大韓民国で反米団体が米軍撤収などを叫んでデモを行うことは可能だ。だが、同じ行動も時間と場所によって評価が変わる。海軍創設記念行事に参加した徐秉洙釜山市長は「堅固な韓米同盟がいつにもまして重要な時点に誕生日パーティーといえる記念式場に現れて反米スローガンを叫び、悪口をあびせたのは間違っている」と批判した。

  北朝鮮による6回目の核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などで韓半島(朝鮮半島)はいつにもまして危機感が高まっている。ドナルド・トランプ米大統領は「北朝鮮の完全破壊」を口にし、金正恩委員長は「狂った老いぼれ」と真っ向に応酬する。不安感が高まるほど強固な韓米同盟を期待する国民が増加している。

  現時点はいつにもまして外交と安保の国論統一が重要だ。北朝鮮が米大統領を非難する時に使った下品な表現まで使いながら米軍の前で連日デモをするのは望ましくないとの声が高い。「外交安保で国民が一声を出しても物足りない時点に一部の団体の反米デモは国論分裂に見える可能性がある。このようなデモが国益に役立つかどうか冷静に考える必要がある」という指摘〔ホン・キュドク淑明(スンミョン)女子大政治外交学科教授〕に耳を傾けなければならない。

  イ・ウンジ/ナショナル部記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事