韓国メディア、トランプ大統領の「1泊訪韓」に懸念

韓国メディア、トランプ大統領の「1泊訪韓」に懸念

2017年10月18日10時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が9月21日(現地時間)、米ニューヨークでトランプ大統領と韓米首脳会談をしている。
  トランプ大統領の訪韓が11月7日から1泊2日の日程に最終決定した中、韓国メディアは短い訪韓日程に懸念をを表している。

  韓国経済紙イーデイリーは18日、「トランプ大統領の韓国冷遇論、現実化か」と題した社説で「最高の礼遇をする国賓訪韓にもかかわらずトランプ大統領は韓国で1泊2日しか滞在しない半面、日本では2泊3日の日程が最終的に決まった」とし「やむを得ず立ち寄るような姿は『コリアパッシング』をめぐる論争を拡大し、韓米同盟に亀裂が生じたのではという不必要な誤解を招く余地が大きい」と指摘した。

  日刊紙の東亜日報は18日、「文大統領、国賓訪問のトランプ大統領と友人なればコリアパッシング消える」という社説で「トランプ大統領の訪韓は日本・中国訪問の間に挟まれている。韓国は経由地という程度になってはいけない」とし「今回こそトランプ大統領に韓国の戦略的価値が日本や中国に劣らないということを印象づけ、『コリアパッシング』という言葉が消えるようにすべきだ」と強調した。

  ハンギョレ新聞は18日、「トランプ大統領の訪韓、滞在期間より『平和』メッセージが重要だ」という社説で、「米国大統領の訪問日程が日本より韓国が一日少ないというのは確かに無視できることではない」とし「問題はトランプ大統領が韓国でどんなメッセージを送り、トランプ大統領の訪韓後に韓米関係と韓半島(朝鮮半島)情勢にどのような変化があるかがあいまいな点だ」と憂慮を表した。

  トランプ大統領は11月7日に韓国を国賓訪問し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で公式歓迎式、韓米首脳会談、報道機関向け共同発表をする予定であり、当日晩には国賓晩餐と公演が行われる。続いて8日には歴代米国大統領では6回目となる韓国国会演説をする予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事