俳優パク・ヘジン、才能寄付で表紙モデル登場…雑誌は4日で完売

俳優パク・ヘジン、才能寄付で表紙モデル登場…雑誌は4日で完売

2017年10月12日09時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のパク・ヘジンが表紙に登場したライフマガジン「THE BIG ISSUE」
  俳優パク・ヘジンが才能寄付(プロボノ)の一環でマガジン「THE BIG ISSUE」の表紙モデルに登場した。パク・ヘジンは11日に発刊されたライフスタイルマガジン「THE BIG ISSUE」の10月特集号の表紙モデルに起用されて、特有のシックでセクシーな魅力を発散した。

  今回の表紙とグラビア撮影はパク・ヘジンの才能寄付によって実現した。パク・ヘジンはホームレスの自活を助ける「BIG ISSUE」の撮影趣旨にすぐに参加の意思を示したという。これに先立ち、パク・ヘジンは練炭配達をはじめさまざまなボランティア活動と同時に、2011年から最近まで計17億ウォン(約1億6800億円)を寄付するなど国内・海外問わずチャリティ活動を継続的に行ってきた。

  特に、今回の「THE BIG ISSUE」10月特集号は、先月29日に発売された「純粋」をコンセプトにしたものと今月11日に発売された「セクシー」をコンセプトにしたものの計2回にわたってパク・ヘジンが表紙モデルとして登場し、異例の完売事例を記録した。当初、「THE BIG ISSUE」はパク・ヘジンの「セクシー」コンセプトを20日に発売する予定だったが、先行して発売された「純粋」コンセプトが4日で完売したことを受けて発売を実に9日も前倒しした。連休を挟んで販売期間が非常に短かったにもかかわらず、全部数が完売して次のコンセプトのものを急遽発売したのは前代未聞の記録だ。

  「THE BIG ISSUE」側はSNSを通じて「長い連休で販売日がたった4日しかなかったが、全部数完売という驚異の記録を立てた。非常に嬉しく、ただ驚いている」と伝えた。

  一方、パク・ヘジンは11月から次期ドラマ『四子』の撮影に入るのに続き、来年上半期には映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』(仮題)の公開を控えている。『四子』は愛する男を失った女刑事が偶然双子を発見したことがきっかけで繰り広げられるロマンスアクション推理ドラマ。パク・ヘジンは同作を通じて初めて1人4役に挑戦する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事