韓国映画、“この4人”がいなければ作品が作れない?

韓国映画、“この4人”がいなければ作品が作れない?

2017年09月28日15時11分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
左からソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ハ・ジョンウ、イ・ビョンホン
  韓国映画界のシナリオ偏重現象には相変わらず変化がない。ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ハ・ジョンウ、イ・ビョンホンらいわゆる「A級」主演俳優たちに手に取ってもらえない作品は、投資がなかなか集まらないという状況だ。

  女優の立つ瀬がないとの声も聞かれる最近の韓国映画界では、俳優の事情もそれほど大きく違わない。それなりに名前が知られ、韓流スターと呼ばれても、良くできた映画のシナリオは受け取りにくいのが現状だ。ごく少数の「A級」俳優が断ったシナリオをひたすら待たなくてはいけないばかりか、彼らとのギャラにも大きな違いが生じる。出演を決めても投資がなかなか集まらずに製作が難航することもある。劇場で上映されるまでには、長い時間の間に高い山をいくつも越えなければならない。

  反面、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ハ・ジョンウ、イ・ビョンホンは年間を通して作品が列をなしている。昨年は『密偵』(キム・ジウン監督)、ことしは『タクシー運転手』(チャン・フン監督)に出演してヒットを飛ばしたソン・ガンホはすでに次回作が3本も決まっている。『麻薬王』(ウ・ミンホ監督)は撮影のクライマックスに入り、続く『寄生虫』(ポン・ジュノ監督)も撮影が始まる。しばらく製作が中断されていた『第五列』(ウォン・シニョン監督)も来年上半期に改めてクランクインすることで大枠が決まっている。少なくとも再来年まではソン・ガンホの映画が途切れることはない。同じくカン・ドンウォンは『ゴールデン・スランバー』(ノ・ドンソク監督)、『1987』(チョン・ジュンファン監督)、『人狼』(キム・ジウン監督)ですでに撮影の途中かすでに完了させている状態で、ハ・ジョンウは『1987』、『神と共に』(キム・ヨンファ監督)、『PMC』(キム・ビョンウ監督)で上映が続く。イ・ビョンホンは秋夕(チュソク、中秋)連休に公開される『南漢山城』(ファン・ドンヒョク監督)と最近クランクインした『それだけが私の世界』(チェ・ソンヒョン監督)が残っている。

  すべての映画が彼ら4人をキャスティングすることはできない。彼らから選ばれなかった作品は次善策として別の俳優にシナリオを渡す。問題は投資だ。彼ら4人が出演しないとなると、投資が受けにくくなる。そのため一つの映画をクランクインさせるまでに数年がかかったりもする。ある製作会社の関係者は「名前もよく知られて演技力も認められている俳優Bだが、実際にキャスティングすると投資家が現れなくて撮影が進まない。投資社から『Bではダメだ』という言葉だけが返ってくる。本格的な製作に入ることができず、先へ延ばされている」と明らかにした。

  俳優はさらに強い不満の声をあげている。「A級」俳優たちとの差別のせいで映画をあきらめてドラマだけに出演する者もいる。韓流スターとして名をはせた俳優Cの関係者は「アジア諸国で人気が高く、ドラマへのオファーは多い。唯一、映画界では冷や飯を食わされている。ちゃんとしたシナリオをなかなか受け取ることができない」とし「A級俳優たちとは比較できないほどギャラもかなり落ちる。それでも小さな映画だけに出演することもできないので映画への出演は考慮しないでいる」と伝えた。

  キャスティング市場の寡占は望ましい現象ではない。一部のチケットパワーを持つ俳優だけに関心が傾けばそのツケは結局観客に返ってくる。ある映画界関係者は「全員が『A級』俳優頼みになれば中間級の俳優には機会すら与えることができなくなる。最終的には映画の多様性が阻害されることになる」とコメントした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事