北「対北朝鮮制裁を全面排撃…米とバランスを取る力育てることに拍車」

北「対北朝鮮制裁を全面排撃…米とバランスを取る力育てることに拍車」

2017年09月13日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が6回目の核実験に対応して採択された国連安全保障理事会の新たな対北制裁決議2375号に対して「峻烈に断罪糾弾して全面排撃する」と明らかにした。

  北朝鮮は13日、外務省報道を通じて「わが共和国の正々堂々たる自衛権を剥奪し全面的な経済封鎖でわが国家と人民を完全に窒息させることを狙った、極悪非道な挑発行為の産物」と安保理対北朝鮮制裁決議案を評価したと朝鮮中央通信が報じた。

  北朝鮮は「米国の主導の下でもう一度強行された不法的で極悪非道な制裁決議の採択は我々の選択した道が正当であることを確認させ、決着を見るまでこの道を変わりなく、より早く進むべきとの意志をさらに強固にする契機になった」と主張した。

  引き続き「前代未聞の反共和国制裁の圧迫策動で我々の発展を妨げ、武装解除させて核兵器で我々を尻に敷こうとする米国の企てが明らかになった以上、我々は米国と実際的なバランスを取って我々の自主権と生存権を守り地域の平和と安全を保障するための力を育てていくことにより拍車をかけるだろう」と付け加えた。

  国連安保理は11日、北朝鮮への原油供給を30%ほど削減し、北朝鮮産繊維製品の輸入を禁止する内容の対北朝鮮制裁決議2375号を全会一致で採択した。北朝鮮政権の命綱とされる原油が国連制裁の対象に含まれたのは今回が初めてだ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事