ロッテマート、ハングル入りの独自ブランドでベトナム市場攻略

ロッテマート、ハングル入りの独自ブランドでベトナム市場攻略

2017年08月29日10時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の流通企業はベトナム市場攻略に積極的だ。22日、ロッテマートベトナム法人の南サイゴン店を訪れた顧客がPB製品を見ている。
  22日、ベトナム・ホーチミン市のロッテマート南サイゴン店。ロッテマートが2008年に初めてベトナム市場に進出して建てた1号店らしく多くの人で込み合っていた。現地の人たちのショッピングカートにもれなく入れられているのは7キログラムの粉末洗剤だった。現地企業で生産したロッテマートベトナム法人のプライベートブランド(PB)「チョイスエル」の製品だ。ベトナムで販売される粉末洗剤で初めてビニールパック包装に取っ手を採用し、洗剤をすくって使えるスプーンが入っていて大きな人気を得ている。ロッテマート全体の洗剤売り上げで圧倒的1位を占めている。2位製品売り上げの2倍に達するほどだ。

  チョイスエル洗剤はベトナムの代表的な化学企業のLIXCOが生産する。設立45年の企業であるLIXCOはベトナムでは業界3位の企業だ。だが今年に入りロッテマートとPB製品を発売し売り上げが急増している。LIXCO営業担当マネージャーは「ロッテマートが提案したデザインが消費者から大きな人気を呼びPB製品の成功モデルになった。ロッテマートでの売り上げはPBと既存製品を合わせ今年だけで昨年より500%増えると期待している」と話した。

  高高度防衛ミサイル(THAAD)配備にともなう中国の報復の余波で中国市場が冷え込んでおり流通企業がベトナムに目を向けている。ベトナムは1億人の人口のうち30代以下の割合が60%以上と若い消費層を抱えている上、毎年6%の経済成長を記録中の浮上する市場だ。

  韓国の流通企業ではロッテグループがベトナム市場攻略に最も積極的だが、その中でもロッテマートが断然際立って見える。今年進出10年目を迎えるロッテマートは13店舗を運営している。年間2桁の成長を見せている。今年上半期も前年比10.3%の伸びを記録した。

  こうした成長は昨年始めた積極的なPB開発によるところが大きい。2015年だけでも990種類のPB製品が全売り上げで占める割合は2.1%にすぎなかった。昨年は780種類のPB製品を売り全売り上げの5.1%を占めた。だがPB開発に速度がついた今年は品目を1300種類余り(このうち国内生産PBは150種類)に増やし、上半期の売り上げのうち8.5%をPB販売で上げた。ティッシュ、ウェットティッシュ、玩具、枕、洗剤など各分野の売り上げ1位商品がいずれもPB製品になるほどだ。

  ロッテマートのPB製品がベトナムで人気を呼ぶ秘訣は洗練されたデザインだ。同社ベトナム法人のユン・ビョンス商品戦略チーム長は、「ベトナムはまだ流通チャンネルの80%が在来市場のため製造業者はデザインや包装にあまり神経を使わない傾向がある。われわれが直接デザインして製造業者に『このように作ろう』と提案する形でPB開発を主導している」と話した。

  実際にベトナムの消費者は韓国の包装技術に大きな満足感を示している。現地企業が生産してもPB製品名には必ずハングルが一緒に書かれるが、この点も良い反応を得ている。ロッテマート南サイゴン店で会った顧客は、「韓国製品に対する信頼が大きいのでロッテマートに来たら必ず韓国語が書かれたPB製品を選ぶ。ロッテマートのチョイスエル製品は包装が洗練されており、韓国企業が保証する高級製品というイメージが強い」と話した。

  ロッテマートのPB製品はベトナムを超え近隣国にも輸出されている。ベトナム現地企業の輸出販路まで開いているのだ。ミャンマーとラオスなどに今年人気PB製品130品目20万ドル相当を輸出したりもした。金額は大きくないが内外合わせてロッテマートのPB製品輸出規模のうち最大だ。ベトナム法人のイ・ヨンホPBチーム長は「東南アジアの他の国とも輸出協議が進行中で、今後韓国のロッテマートへの輸出にもつながるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事