南北外交長官が3分間対話…どのような話が交わされたのか

南北外交長官が3分間対話…どのような話が交わされたのか

2017年08月08日09時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連安全保障理事会が北朝鮮産の石炭全面禁輸などを含めた制裁決議2371号を採択し、その翌日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がフィリピン・マニラで北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会った。外交部当局者によると、ASEAN地域フォーラム(ARF)など東東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外交長官会議に出席中の康長官は6日(現地時間)午後、議長国のフィリピン側が主催したガラ晩さん会で李外相と3分間接触した。行事開始前のVIP控室でだ。

  康長官は李外相に「韓国新政府のベルリン構想と後続措置次元の2種類の提案(離散家族対面および軍事会談)に対して、北側からまだ何の反応もない」と指摘した後、「2種類の提案は急がれる事案で、他の政治的事案をすべて横に置いてでもすぐに施行すべき事案なので、早く呼応することを期待する」と述べた。これに先立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7月6日、独ケルバー財団の演説で▼南北間対話の再開▼軍事境界線での敵対行為の中断▼離散家族の対面再開▼北朝鮮の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)参加--などを提案しながら「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長と会う用意がある」と明らかにした。

  康長官の発言に、李外相はしばらくためらうと「安保理を通じてもそうだが、南側が米国との協調下に北朝鮮に対する圧迫を展開している状況で、そのような提案には真正性が欠如している」と述べたという。

  ARFは北朝鮮が参加する唯一の域内安保協議体だ。尹炳世(ユン・ビョンセ)前外交部長官も、昨年李外相と会議場控室で会ったが、握手だけをして特別な話はしなかった。

  晩さん会場では、当初、中国・北朝鮮・カンボジアの長官が並んで座ることになっていた。だが、行事直前、中国の席がスイスに変わった。王毅中国外交部長にどのような理由があったのか、李外相の横に座らないよう席を変えたのだ。晩さん翌日の7日、李外相はARF非公開討論で、北朝鮮の核・ミサイル開発の責任を米国の敵対視政策に転嫁して「我が国の地理的位置から、米国の軍事的侵攻を効果的に抑制するためには、米国の心臓部を狙うことのできる大陸間打撃能力を持たなければならない」と主張した。あわせて「米国があくまで軍事的に食いかかってくるなら、核戦略武力でその癖をしつけ直してやる準備はできている」とした。「米国に盲目的に追従することを生存方式としている日本と南朝鮮当局についてはあえて言及しない」とも述べた。李外相の発言は北側関係者が記者団に配布した。

  朝鮮中央通信もこの日、「朝鮮民主主義人民共和国の政府声明」を出して安保理決議に反発した。国家名称が入った政府声明は最高水準の立場表明で、これまで共和国の政府声明は6回しか出されたことがない。1993年と2003年の核拡散防止条約(NPT)脱退宣言、昨年1月の水素爆弾試験成功発表などの場合に限られている。

  北朝鮮は、この声明で「米国と敵対勢力が操作した反共和国制裁決議を、自主権に対する乱暴な侵害として峻厳に断罪糾弾し、全面排撃する」とし「米国の極悪な犯罪の代価を千百倍にして決算するだろう」と圧迫した。また「われわれは米国の反共和国策動と核威嚇が継続する限り、誰がなんと言おうと自衛的核抑制力を交渉テーブルには載せない」と宣言した。

  北朝鮮は中国とロシアも非難した。「米国と後ろで密談をし、悪辣な反共和国制裁決議を操作するのに共謀した対価として米国から感謝を受けた国々」「米国とそれに劣らず図体が大きなわれわれ周辺国が、我が国家のたった2度の大陸間弾道ロケット試験発射にこのようにおじけづいて互いにうるさく吠えているみすぼらしい姿」等の表現が声明に含まれた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事