キム・グギョン、10秒24…「韓国初」世界陸上100m準決勝へ

キム・グギョン、10秒24…「韓国初」世界陸上100m準決勝へ

2017年08月05日13時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・グギョン(写真=大韓陸上連盟)
  「韓国のスプリンター」キム・グギョン(26、光州広域市庁)が世界陸上選手権大会男子100メートルで準決勝進出を決めた。韓国選手では初めてだ。

  キム・グギョンは5日、英ロンドンオリンピックスタジアムで行われた2017国際陸上競技連盟(IAAF)世界選手権大会男子100メートル予選第5組の競技で10秒24をマークした。2人が抜けた第5組のレースで6人中3位だったキム・グギョンは各組上位3人が進出できる準決勝に進むことになった。韓国選手が世界陸上選手権で男子100メートル準決勝に進出するのは初めて。

  キム・グギョンは第3レーンで競技を行った。第5レーンには米国のベテランスプリンター、ジャスティン・ガトリンがいた。第5組の競技は2度もスタートが遅れた。第2レーンのキャスタン・ブレッドマン(トリニダードトバゴ)がスタート直前に手をあげて注意を受けたのに続き、第9レーンのトランド・ロト(南アフリカ)が不正スタートで失格になったからだ。

  にもかかわらずキム・グギョンは落ち着いていた。スタートの反応速度から違った。0.107と完ぺきに近いスタートを切った。キム・グギョンは60メートル地点まで1位だった。しかしその後、ガトリンとアンドリュー・フィッシャー(バーレーン)に抜かれ、ブレッドマンにも追われた。厳しいレースだったが、キム・グギョンはかろうじて3位を守って決勝ラインを通過した。ガトリンが10秒05で1位、フィッシャーが10秒19で2位。ブレッドマンは10秒26でキム・グギョンとは0.02秒差だった。一次目標としていた準決勝進出を成し遂げた瞬間だった。

  キム・グギョンは6月27日、コリアオープンで国内最高記録の10秒07をマークした。今回は自己3度目の世界選手権出場となる。2011年の大邸(テグ)大会は資格予選で失格、2015年北京大会は予選落ちと苦杯をなめたキム・グギョンに「三度目の失敗」はなかった。大会前には「もう経験を積むことだけに満足しない」と約束した。大会の競技時間に合わせてシミュレーション練習もし、イメージトレーニングもした。そして約束を果たした。

  今大会の男子100メートル予選は6組まで編成され、各組上位3人と残りの選手のうち記録が良い6人が準決勝に進出する。キム・グギョンは準決勝に進出した24人のうち24番目の記録だ。

  今大会を最後に現役を引退するウサイン・ボルト(ジャマイカ)は100メートル予選第6組1位(10秒07)で無難に準決勝進出を決めた。100メートル準決勝は6日午前3時5分に行われる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事