韓国コンビニ企業、ベトナム市場に初めて進出

韓国コンビニ企業、ベトナム市場に初めて進出

2017年07月31日14時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国コンビニエンスストア大手の「GSリテール」が展開するコンビニ「GS25」がベトナム市場に進出する。イラン進出に積極的に取り組んでいるCUに続き、コンビニ業界が相次いで海外市場を模索している。

  GSリテールは今月27日、ベトナム・ホーチミンで現地企業のソンキムグループと合資法人会社の設立に対する契約を交わしたと31日、発表した。韓国コンビニエンスストア業界では初となるベトナム進出だ。GSリテールは今回の契約で設立されたジョイントベンチャーを通じて、ロイヤリティーを受け取る方式で海外加盟事業(マスターフランチャイズ)契約を締結し、年内にホーチミンに1号店をオープンさせる計画だ。

  GSリテールは昨年10月、インドネシアにGSスーパーマーケット1号店を開いて本格的な海外進出を知らせた。GSリテール側はジョイントベンチャーにGS25の商標権と経営関連ノウハウなどを提供し、ジョイントベンチャーはこれを通じてベトナム内でGS25を拡張させていく方針だ。ソンキングループはこれに先立ち2012年、GSホームショッピングと提携にして同じようにジョイントベンチャー形態でホームショッピング事業をスタートさせている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事