韓国国防長官候補、泥酔運転で摘発も懲戒なく進級

韓国国防長官候補、泥酔運転で摘発も懲戒なく進級

2017年06月28日10時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
自由韓国党の金学容(キム・ハクヨン)議員が27日に公開した宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官候補の飲酒運転関連記録の写本。
  宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官候補が中佐時代に泥酔状態で運転し、警察に摘発されていたことが明らかになった。当時、事件は憲兵隊に送られたが、宋候補が海軍士官学校の同期生と共謀して事件を隠ぺいしたという疑惑まで提起された。宋候補に対する国会人事聴聞会(28日)を控えて波紋が広がっている。

  金学容(キム・ハクヨン)議員自由韓国党議員は27日、国会で記者会見し、「宋候補は1991年3月当時、慶尚南道鎮海(チンヘ)市内で泥酔状態で飲酒運転をし、鎮海警察署の取り締まりで摘発された事実が確認された」と明らかにした。宋候補が国会に提出した人事聴聞資料にはない内容だ。金議員がこの日、国防部から受けて公開した当時の海軍作戦司令部憲兵隊の事件台帳には、宋候補が飲酒運転取り締まりで摘発された時の血中アルコール濃度が0.11%と記載されていた。当時の処罰基準でも血中アルコール濃度が0.05%を超えれば刑事立件対象であり、0.1%を超えれば免許取り消しに該当する。

  金議員は「宋候補の事件は憲兵隊に渡った後、記録上では憲兵隊と法務室の取り調べなく、すぐに所属部隊への通知措置で事件を終結する手続きを踏み、同年7月1日に宋候補は大佐に進級した」と明らかにした。

  通常、現役軍人が飲酒運転をして摘発される場合、警察が軍に事件を送り、憲兵隊の取り調べと軍検察送検過程を通じて起訴と懲戒処分が続く。「懲戒の経歴が発生すれば進級審査で相当の不利益があるが、宋候補は当時こうした過程がすべて省略されて大佐に進級することができた」というのが金議員の主張だ。金議員は「情報提供の内容によると、宋候補が海軍作戦司令部憲兵と謀議して事件を隠し、大佐進級後に憲兵隊の関係者らを通じて鎮海憲兵捜査課に保管中だった飲酒運転関連書類をすべて隠匿・破棄した」と主張した。続いて「当時の憲兵隊長が宋候補と同期の海事第27期のパク中佐であり、後任の憲兵隊長も同期のキム中佐だった。この2人が関与して資料をなくしたという情報提供を受けた」と述べた。

  金議員は「大佐に進級してはならない人が参謀総長を経てここまで来ることができた」とし「宋候補こそが文在寅(ムン・ジェイン)政権があれほどなくそうと言っていた積弊中の積弊だ」と批判した。また「今回、宋候補に『過去に飲酒運転をしたことはあるか』と確認の要請をしたが、候補側は『ない』と答え、事件簿の提出も先送りした」とし「宋候補が一抹の良心でもあるのなら直ちに辞退するべきだ」と要求した。

  これに対し宋候補側は「26年前に飲酒運転の事実があった点を申し訳なく思う」と伝えた。しかし「当時、警察の飲酒測定後に取り調べを受けて帰宅措置が取られ、その後は飲酒運転で法的処罰を受けたことはない」とし「軍で進級予定者が飲酒運転で必ず懲戒を受けるという『必要的懲戒』は2014年以降に適用された」と釈明した。飲酒記録隠匿・破棄主張に対しては「海軍憲兵の『捜査業務総合指針書』に基づき保存期間が経過した捜査書類(3年)は廃棄されたが、事件目録(永久)が保存されているはず」とし「同期生が関与した状況があるという主張は事実でない」と反論した。

  ひとまず青瓦台(チョンワデ、大統領府)側は宋候補の辞退を尋ねる記者らの質問に「聴聞会までいくことになりそうだ」と答えた。しかし高位関係者「人事検証過程でも飲酒運転チェックリストに答弁しなかったと聞いている。憲兵隊内にだけ資料があり、我々には資料がなかった。査察をしなければ分からない」という話もした。宋候補が青瓦台に飲酒運転の事実を明らかにしなかったということだ。

  すでに退任後の高額諮問料、軍需企業癒着疑惑、4回の偽装転入などの問題が相次いで浮上し、宋候補は野党から辞退攻勢の筆頭に挙げられてきた。今回、飲酒運転隠蔽疑惑までが加わったことで、さらに厳しい状況を迎えることになった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事