「This stop is …」95年の地下鉄放送の声は康外交部長官=韓国

「This stop is …」95年の地下鉄放送の声は康外交部長官=韓国

2017年06月24日13時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
康京和(カン・ギョンファ)外交部長官
  康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が1990年代の地下鉄案内放送に参加していたことが明らかになり、話題になっている。

  23日のネイバー首都圏交通情報提供ブログによると、95年のソウル地下鉄4号線の東大門(トンデムン)運動場駅乗り換え案内放送、銅雀(トンジャク)駅到着案内放送、会賢(フェヒョン)駅到着案内放送では韓国語に続いて英語での案内が出てくる。

  中央日報が取材した結果、この声の主人公は康長官であることが確認された。康長官側は確認の要請に対し「正確に覚えていないが、地下鉄の案内放送を録音したことはある」と答えた。95年当時はまだ康長官が公職に入門する前であり、大学の講壇で学生を教えていた。

  公開された音声録音では、康長官が「This stop is Dongdaemun stadium. You can transfer to green number 2 line」 と発音するのを聞くことができる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事