LGエレクトロニクス、R&D能力をAIとロボットに集中

LGエレクトロニクス、R&D能力をAIとロボットに集中

2017年06月12日10時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  LGエレクトロニクスが人工知能(AI)関連研究開発力を大幅に強化する。LGエレクトロニクスは1日付で最高技術経営者(CTO)部門に「人工知能研究所」と「ロボット先行研究所」を新設したと11日に明らかにした。

  これまで音声認識・映像認識・センサー認識などを研究してきた「インテリジェンス研究所」を、それぞれAIを専門とする「人工知能研究所」とロボットを専門とする「ロボット先行研究所」に分離し拡大改編したものだ。

  人工知能研究所は顧客が製品を使う情報や天気のような各種データを音声・映像・センサーで認識し、推論・学習する人工知能プラットフォームの役割をする。蓄積されたAI能力はスマート家電・モバイル・テレビ・自動車部品・ロボットなどに適用される。「コンバージェンスセンター」にあった人工知能研究所はウェブOSなど全社ソフトウェアプラットフォーム開発を主導している「ソフトウェアセンター」の傘下に移動し、ディープラーニング基盤の人工知能プラットフォームを高度化する役割に集中する。

  新設されるロボット先行研究所は知能型ロボットの先行技術を開発する。

  2つの研究所は最高経営責任者(CEO)直属の「クラウドセンター」と家電事業本部(H&A)に属する「H&AスマートソリューションBD(Business Division)」などと協力し、人工知能家電、ロボット事業を未来成長動力として集中育成する。「H&AスマートソリューションBD」はAI、モノのインターネット、ロボットなどと関連したサービス開発と事業化を推進している。

  今回の組織改編とともにAI人材育成も強化する。成果が優れている社内核心人材を対象に役員クラスの待遇を受けられる「研究委員」へ積極的に抜擢し、外部から人材スカウトも拡大する計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事