北朝鮮「安倍の輩…最も目に余る行動を取っている」

北朝鮮「安倍の輩…最も目に余る行動を取っている」

2017年06月08日13時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が8日午前、東海(トンへ、日本名・日本海)上に弾道ミサイルと推定される発射体数発を発射する中、日本を「安倍の輩」などと名指ししながら露骨な非難を浴びせている。

  北朝鮮朝鮮中央通信は、対外宣伝団体「朝鮮平和擁護全国民族委員会」報道官の声明を通じて「日本の安倍の輩がわれわれの自衛的国防力強化措置に対して悪辣な言いがかりをつけ、米国の反共和国制裁・圧迫策動に追従し、最も目に余る行動を取っている」と明らかにしたと報じている。

  報道官は「日本は、われわれの弾道ロケットが打ち上げられるたびにおおげさな態度を取りながら『安保不安』を声高に叫ぶのは、北核脅威を口実に軍事大国化にさらなる弾みをつけて軍国主義の復活とアジア再侵入への野望を実現してやろうとするところに、その悪賢く不純な目的がある」と明らかにした。

  それとともに、この報道官は「今のように日本がわれわれの拳の近くで目に余る行動を取り続けるつもりなら、一度有事になれば、米国よりも先に日本列島をまるごと焦土化することができるということを知っておかなければならない」と話した。

  引き続き「日本はわれわれ人民に対して、長きにわたって忘れることのできない罪悪を犯し、怨恨の傷を残した千年の宿敵」としながら「日本は慈悲を知らないわれわれの核武力の前で、島国の運命をめぐり危険千万な賭けをするべきではない」と付け加えた。

  安倍首相は、先月末に開かれた主要7カ国(G7)首脳会議で、宣言文に「北朝鮮は新たな段階の脅威」という表現を盛り込むために各国首脳を説得するなど、北朝鮮ミサイル発射に対応した国際社会の圧迫を強調している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事