BIGBANGのT.O.Pの大麻使用容疑事件、日中ファンの間にも衝撃広がる

BIGBANGのT.O.Pの大麻使用容疑事件、日中ファンの間にも衝撃広がる

2017年06月02日08時53分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
BIGBANGのT.O.P
  BIGBANGのT.O.Pが大麻吸引容疑を認め、世界のファンの間にも衝撃が広がっている。

  1日、日本や中国の数多くの芸能メディアはT.O.Pの大麻使用容疑を大々的に報じた。昨年10月、T.O.Pが20代の練習生と自宅で大麻を使用した容疑がもたれ、このほど陽性反応が出たという韓国内の報道を引用した。

  中国と日本のファンは大きな衝撃に包まれている。SNSを通じてT.O.Pの軍生活を心配すると同時に、今後の展開に関心を表している。

  所属事務所YGエンターテインメントは「T.O.Pが入隊前に大麻を吸引した疑いで捜査機関に召喚され、すべての調査を誠実に終えた」とし「容疑をほぼ認め、深く反省している」と伝えた。

  T.O.Pはソウル警察庁広報担当官室所属の機動警察として江南(カンナム)警察署に勤務している。定期外泊中で2日に復帰する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事