<サッカー>北朝鮮選手、初めて伊セリエAデビュー

<サッカー>北朝鮮選手、初めて伊セリエAデビュー

2017年04月03日15時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
写真=伊セリエAのカリアリ・カルチョに入団したハン・グァンソン。(写真=カリアリSNS]
  サッカー北朝鮮ユース代表の期待株ハン・グァンソン(19、カリアリ・カルチョ)が北朝鮮の選手では初めてイタリアのセリエA(1部リーグ)の舞台を踏んだ。

  ハン・グァンソンは3日、イタリアのスタディオ・レンツォ・バルベラで行われたセリエAのパレルモ戦に後半41分に交代出場し、ボールに5回タッチした。カリアリ側は「ハン・グァンソンはセリエAだけでなく欧州5大リーグ(イングランド、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス)でプレーした最初の北朝鮮選手」と紹介した。この試合はカリアリが3-1で勝った。

  ハン・グァンソンは2014年アジアサッカー連盟(AFC)U-16(16歳以下)チャンピオンシップで北朝鮮を優勝に導き、2015年にチリで開催された国際サッカー連盟(FIFA)U-17ワールドカップ(W杯)でも活躍した。特に昨年、英ガーディアンは1998年生まれのサッカー有望株50人にイ・スンウ(バルセロナ・フベニルA)とともにハン・グァンソンの名前も含めた。

  ハン・グァンソンは先月11日にカリアリに正式に入団した。北朝鮮選手がセリエAの球団に入団したのは昨年フィオレンティーナと契約したチェ・ソンヒョク(19)に続いて2人目。しかしチェ・ソンヒョクは1試合も出場できず放出された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事